ビジェイ、圧巻の2008年締めくくる!「クリスマスも練習するよ」(HV動画あり)

タイガー・ウッズが主催するチャリティイベント「シェブロン・ワールド・チャレンジ」(PGAツアーも半分スポンサーしている)が先週開催され、今年賞金王に輝くなどシーズン終盤で勝負強さを見せたビジェイ・シンが1打差逃げ切り優勝。2008年を最高の形で締め切った。

vijay1222.JPG
photo: pgatour.com


この時期になると、PGAツアーの常連選手は来季の開幕に向けて調整段階に入るもの。しかし、ツアー選手権以来、約3ヶ月ぶりの実戦(オフィシャルのツアー競技ではないが)となったビジェイには年齢(45歳)も休養も関係なかったようですね。最終日、最終ホールで3メートルのバーディパットを沈め通算11アンダーでスティーブ・ストリッカーを1打差押さえて優勝。3週間後のPGAツアー開幕戦「メルセデス選手権」に向けて最高の形で「前哨戦」を終えた。


「想定外だね。なんとか踏ん張ってて、67、68で回ればチャンスはあるかと思っていた」と、ビジェイ。


この大会で1.3億円(130万ドル)の優勝賞金を稼いだビジェイ。これで2008年の獲得賞金額はなんと約18億円(FedEx Cup優勝の10億含む)!主賓のタイガーも出席した表彰式ではこんな冗談まで飛び出した。


「まだ帰ってこなくていいよ。もう1年くらいゆっくりしててくれ」と、心身共に余裕を見せた。


これでPGA通算34勝目で外国人選手のツアー最多勝利数を誇る。40歳になってからは23勝と年齢による衰えどころか、更に磨きがかかっている。クリスマスは何をするかと聞かれて一言。


「練習場に行くのには最適だよ。だって誰もいないからね」と。さすが練習の虫と呼ばれるだけありますね。


来年タイガーが復帰しても、当面ツアーを引っ張っていく選手になりそうですね。


ビジェイ・シン、2008年を振り返る

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com