石川遼、タイガー、パンツマンを押さえて1位に輝いたのは・・・ランキングで見る海外ニュースTOP10

師走になると忘年会やらクリスマスで何かと落ち着きませんが、1年を振り返る大切な時期でもあります(個人的には)。


ということで、2009年のGet in the Hole!エントリーアクセスランキングを集計してみました。まー、予想していた通りの結果となりました。


10位:欧州ツアーのトッププロを撃破!「一本足」ゴルファー、「何だって実現できる」[動画あり](10月6日)


これはビックリしましたね。交通事故で片足を失ったドミニカ共和国出身(現在はフランス在住)のマニュエル・デ・ロス・サントスさん、25歳。野球選手としてその将来が有望視されていたデ・ロス・サントスさんは交通事故で左足を失いメジャーリーグの道を諦めることに。2004年にゴルフを本格的に開始し、今ではシングル(ハンデ3)の腕前なんだとか。


欧州ツアーの「ダンヒル・リンクス選手権」のプロアマ競技に出場し、同時平行で開催されていました。大会初日は「66」でラウンドし、同伴していたツアープロ、リチャード・ブランドをガチで破ったのです(ブランドは初日「72」)。


「今日はとても良いラウンドだった。(ハンデ0の)スクラッチプレーヤーになることが夢なんだ。いいじゃない。何だって実現できる。俺はそう信じてる」


こういう熱いハートを持ったゴルファーにネット上で出会えたことを幸せに思う瞬間でもありました。


■デ・ロス・サントスさんのスイング


9位:全米オープン4日目:世界ランク882位デビッド・デュバル、元世界No.1の復活近い!?(6月22日)

今年の全米オープンは、勝った選手(ルーカス・グローバー)よりもあと一歩届かなかった選手(フィル・ミケルソン)のことを思い出す人が多いのでは。妻エイミーさんに乳がんが発覚し、家族を最優先と公言していたミケルソンが選んだ復帰戦がこの全米オープンでした。最終日は首位と5打差でスタートするも後半トップに並び、大会を大いに盛り上げてくれました。


そしてミケルソン以外にもう一人影のヒーローがいました。ミケルソンが注目を集める中、虎視眈々と完全復活を狙っていた元世界No.1のデビッド・デュバル。サンデーバックナインでバーディを量産し一時は大逆転優勝まで見えていましたが結果2位タイでフィニッシュ。その粘り強さは世界トップに君臨していた頃のデュバルを彷彿とさせるものがありました。


来年はいよいよツアーカードを失ってしまったデュバル。現王者がいつ復帰するか分からない中、元王者の復活を待っている人は多いはず。


8位:タイガー・ウッズ豪邸の「資産税」は・・・[タイガー邸画像あり](9月21日)


このエントリーを書いた頃はまだこの豪邸画像は真新しいものでした。今となってはこのアイルワース地区の画像はいろんなところで出回っていますね。


タイガーの資産税は日本円で約44,830,000円。


税金とかどうでもいいから、お金で買えないものを失わないで欲しいな・・・。


7位:全英オープンの乱入者ではありません!パンツ一丁(とグローブ)でプレーしたヘンリック・ステンソン【超プレミアム写真】(3月13日)


これを見つけた時は爆笑しました。CNN、Yahoo!(日本)など大手サイトのトップページでも取り上げられ、世界中で話題になったパンツ一丁ゴルファー、ヘンリック・ステンソン


stenson1227.jpg
photo: zimbio.com

「残り6ホールくらいをドロドロになってプレーするのもみっともなかっただろうし...」


「これで『Playgirl』(女性向け成人誌)とかから契約の話が来るかもしれないしね」


残念ながら、まだそのような契約のオファーはないようですw


世界中のさらけ者になったステンソンですが、この後、PGAツアーの最高峰「ザ・プレーヤーズ」を優勝し、WGCアクセンチュアマッチプレー選手権に続くビッグタイトルを獲得。


来年もよろしくお願いしますね。期待しています。


6位:うぉ!なにこれっ!NIKE GOLF、来年は「VRドライバー」!?(via Twitter@ポール・ケイシー)(9月16日)


今年の夏前あたりから「Twitter(ツイッター)」を使っていろんな人を追い始めたのですが、最初はナタリー・ガルビス、そしてスチュワート・シンクが話題になり、気付いたら結構な数のプロゴルファーが私生活のことからツアーの裏話的なことまでツイットしていました。


そのTwitterの波に乗っかった一人で、今季はケガのため試合にほとんど出場できなかったポール・ケイシー。NIKE GOLFと契約しているケイシーは来季の復帰に向けてまずはギア選びに専念していたようで、来年の新製品ラインナップをどこよりも早く自身のTwitterで紹介してくれました。


そして、10月末、小生も試打させてもらいました。


Get in the Hole!のNIKE試打フォトギャラリーはこちら


VRドライバーは絶対買う。


5位:タイガーの姪「シャイアン・ウッズ」、LPGAデビュー戦は予選落ち[画像あり](6月29日)


正直、このエントリーがトップ10にランクインしたのは意外でした。タイガーの姪っ子、シャイアン・ウッズがLPGAデビューしたのは6月の「ウェグマンズLPGA」で残念ながら予選落ち。


血統を考えれば彼女の将来にどうしても期待してしまいますが、何はともあれ、このルックスです。


cheynnewoods1227.jpg
photo: tampabay.com


cheynnewoods1227a.jpg
photo: bleacher report


似すぎです。


来年も是非ランクインしてください。


4位:プレジデンツカップ最終日:グレッグ・ノーマン「石川遼のセンスは生半端なものではない」[動画あり](10月13日)


石川遼にとって世界の大舞台デビューとなった「プレジデンツカップ2009」。世界選抜チームのキャプテンを務め、石川を推薦枠の一つで選んだグレッグ・ノーマンはなにより石川の精神力の強さを褒めちぎっていました。


次回のプレジデンツカップもノーマンがキャプテンを務めることになれば、きっと石川は選ばれるでしょう。いや、推薦枠ではなく、ランキング上位選手としてチーム入りできるようになっていてほしいですね。


そのためにはもっと海外の試合に出場し、結果を残して欲しいですね。


3位:タイガー・ウッズの初戦相手、ブレンダン・ジョーンズの爆笑記者会見(2月25日)

懐かしいですね〜。前年の全米オープンを最後に欠場していたタイガーが復帰戦に選んだのがWGCアクセンチュアマッチプレー選手権。タイガーのプレーそのものと同等に注目されたのが、復帰初戦の対戦相手。


日本ツアーではお馴染みのブレンダン・ジョーンズですが、北米ではほぼ無名に近い存在。タイガーとの対戦が決定した際の共同記者会見の内容はヒューモアあふれるものとなり、話題になっていました。


詳細はこちらから


今年は石川遼とプレーオフにもつれる試合もあり、日本でも更に知名度アップしましたね。タイガーとの対戦は残念ながら大敗しましたが、来年以降もまた海外で活躍し日本ツアーの広告塔として頑張ってもらいたいですね。


2位:世界最長パー3ホール、ホールインワンした人には1億円!一発打つのに2.5万かかりますが(11月17日)


先月公開したエントリーですが、「ネットっぽい」話題だったからかいろんなスレッドやまとめサイトで拾っていただき、年間ランキングも堂々2位に!こういうネタはネット住民の方々には人気があること、再認識しました。


それにしても地上400メートル以上のところからティショットを打つなんて想像できないです・・・。ボールは着地したら地面に埋まるのでは!?謎だらけのこのホールですが、果敢にチャレンジしている人がいるようで、遂に「初バーディ」を記録したアマチュアゴルファーが現れたそうです。


エースを決めてしまう人が出てくるのも時間の問題かもしれませんね。


高所恐怖症の方々は止めましょうね(自分へ言い聞かせてます)。


1位:上田桃子、全米女子オープンの件は「何とも判断しにくい状況です」ってなど上田桃子全米女子オープン関連記事多数(7月23日)


あえて掘り起こしたくもなかったですが、とりあえず今年はこの話題に尽きます。今更多くを語る必要もないと思いますので、あえてここでは何も新たに発言はしませんが、まー、上田桃子さんには来年も頑張ってもらいたいですね。


============================================


以上、2009年アクセスランキングで今年の出来事を振り返ってみました。他に印象に残る海外ニュースはありましたでしょうか?もちろん、タイガー・ウッズの一件が最も新鮮でインパクトも強かったと思います。このランキングに入ってこなかった理由を考えてみたのですが、単に他のメディアに全部持っていかれたからだと思います(笑)。


まだまだチビサイトです。来年も頑張ろうと思います。はい。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com