ターニングストーン選手権最終日:今田、追い上げ3位タイ!

年間覇者を決めるFedEx Cupプレーオフシリーズが終了し、今週からは主に来季の出場権をかけた選手たちが競う「フォールシリーズ」が開幕。その初戦、ターニングリゾート選手権の最終日で今田竜二が大躍進。最終日、5バーディ、2ボギー、通算7アンダーで3位タイに食い込む大健闘を見せた。

優勝したのはツアールーキーのダスティン・ジョンソン。フォールシリーズで最多の優勝賞金108万ドル(約1.1億円)を獲得した。18番で3メートルのバーディパットが惜しくもショートしてしまったオーストラリアのロバート・アレンビーが2位。今田はこの大会で24万ドル(約2500万円)獲得した。


その最終日のハイライト動画がこちら


imada1006.JPG
※PGAツアーのサイトにリンクします。


今田はこれで今季24試合に出場し、優勝1回、トップ10入り5回、予選通過15回で獲得賞金も297万ドル(約3億円)とPGAツアーの賞金ランキングも13位と最高の成績を残している。トップ10入りするには約9000万円が必要で、こちらは達成困難かもしれない。


今年の残りのスケジュールが気になるが、ワールドカップで谷口徹とタッグを組むことも決まっているし、来月には「三井住友VISA太平洋マスターズ」出場のため凱旋し、マスターズチャンピオンのトレバー・イメルマンとの対決も決まっている。


今後、ますますこの男から目が離せなくなりそうです!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com