豪快なドライブからは連想できないババ・ワトソンの天然おちゃらけキャラ

先週の水曜日から開催されているボブ・ホープ・クラシック。2日目が雨で流れたため、最終ラウンド(5日目)は月曜日決着(日本時間火曜日未明)となりました。


通算23アンダーで並んでいるのはツアー初優勝を狙うババ・ワトソンアレックス・プラフ。1打差にはいつも勝てそうで勝てない男、ティム・クラークと父ジェイが1988年にこの大会を優勝していて親子制覇を目指すビル・ハース。トップと4打差に10名がひしめく展開で、最終日は序盤にスパートをかけられる選手がいれば大逆転優勝も大いにありえそうです。


今田竜二は67-71-68-70の通算12アンダーで47位タイ。優勝の可能性はないに等しいですが、一つでも順位を上げてFedEx Cupポイントを稼いでおきたいところ。


ゴルフダイジェスト・オンライン

第2ラウンドで「62」を叩き出して一気に首位に立ったワトソン。ツアー屈指の「飛ばし屋」という肩書きからは到底想像できないほどお茶目な性格をしているのです。


ワトソンのTwitterを覗いてみると、


bubbawatson20100125.JPG
via Twitter@bubbawatson


プロフィールの自己紹介欄には


Christian, Husband, Pro Golfer who enjoys giving back to help others grow in life! Your welcome.


クリスチャン、夫、そして人々が成長するための手助け、還元していくことを楽しみにしているプロゴルファー!どういたしまして。


こちらこそ、ユア・ウェルカムww


そしてつい先日、ワトソンが「大ファン」だというアメリカのコメディアン(タレント)、エレン・デジェネレスさんの誕生日に


「Ellen this is your best birthday present ever!!」
(エレン、これが君へのベスト・バースデイプレゼントだ!!)


というタイトルをつけてこんな動画を送ったのです。




自分が表紙に写っている雑誌にサイン、さらには背景に「Happy Birthay」という風船を設置する演出までしたワトソン。


「彼女のショー(ザ・エレン・ショー)は大好きで、彼女は最高に面白い人だと思う」


とワトソン。この動画投稿で想いが伝え切れなかったのか、後日、エレンに直接メッセージを送っていて、


「Hey @theellenshow I don't know how but one day I am going to be on your show!」
(おい、@theellenshow、どうやってかは分からんが、いつか君のショーに出演するから!)


と出演交渉までしているのです。「(Twitterは)楽しいね。動画も撮ったりして楽しんでるよ。バカにされても構わないよ」とワトソン。完全に開き直っていますね。いや、むしろ、これが素のワトソンなのでしょう。Twitterのアカウントを見ていただければ分かるのですが、この人、1時間の間に何十ものメッセージに丁寧に返事をしています(黒子がやってる可能性はありますが・・・)!


今日行われた記者会見でもこんな一面がありました。


====================================
Q:(初優勝を目指す上で)あなたのゴルフは-特にメンタルな部分-はこれまで以上に優勝するための条件が全て整った...そう感じていますか?


ババ・ワトソン
「いやいや、かなり前に整ってるよ。12歳で山ほど優勝してたしね(笑)。


「というのは冗談で、俺が信じているもの、プランは既に出来上がっているんだ。そうなる運命なら、それは変えられない。明日その日(初優勝の日)が訪れるのなら、それでいい。もし訪れなければ部屋の隅っこに隠れて自分のプレーを哀れんだりはしない。


「言えることは、明日優勝するチャンスがあるということ。だから明日はコースに出て戦ってくる。俺が他の誰よりも強いことを祈ってるよ」

====================================


初優勝の直後のTwitterはどんな明言を残してくれるのか・・・。期待大!


ババ・ワトソンのツイッター


【関連商品】

2010年モデル フットジョイ ナノロック グローブ FGNL


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com