チューリッヒ・クラシック事前:クリーブランドと「再契約」のデビッド・トムズがそろそろやりそうな予感

davidtoms0423.JPGのサムネール画像
photo: pgatour.com


開催地ニューオリンズのあるルイジアナ州が地元のトムズ。2001年にこの大会を22アンダーという驚異的なスコアで勝ち、その勢いのままその年の「全米プロ選手権」で自身初となるメジャータイトルを獲得(もう8年も前の話なんですね...)。


それからソニー・オープンinハワイ優勝などビッグトーナメントで活躍していたのですが、近年はケガに悩まされ成績も下降気味。特に去年はトップ10入りがわずか1回、賞金ランキングも131位と大不振でした。


そこでトムズが下した決断の一つがここ数年お世話になったテーラーメイドと決別し、クリーブランドのクラブに戻したこと。これまで通算12勝のうち11勝はクリーブランドのギアで優勝しているのです。今季からクリーブランドのセッティングに戻したトムズはソニー・オープンで2位タイ、FBRオープンで4位タイ、マヤコバ・ゴルフ・クラシックで6位タイと復活の兆しを見せています。更に長年バッグを担いでいたスコット・ネイザーを昨年の後半から再度キャディとして採用しています。


クラブもキャディもやはり「相性」が一番大事なのでしょうか。ここらで「復活優勝」を期待できそうです!


■デビッド・トムズのクラブセッティング(2009年)
・ドライバー:クリーブランド ランチャー(10.5度、プロジェクトX プロト6A3)
・3W:クリーブランド ハイボアXLS(15度、バイ・メトリクス)
・UT:クリーブランド ランチャー ハイブリッド(18度、20.5度、プロジェクトX プロトHC1)
・アイアン(4~9):クリーブランド CG7ツアー(S400 ダイナミックゴールド)
・PW:クリーブランド CG14 ブラックパール(48度、S400 ダイナミックゴールド)
・SW:クリーブランド CG14 ブラックパール(54度、S400 ダイナミックゴールド)
・LW:クリーブランド CG14 ブラックパール(60度、S400 ダイナミックゴールド)
・PT:ネバーコンプロマイズ プロトライプ

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com