FBRオープン冠の降板で考える「スポーツと企業」

以前もお伝えしたギン・リゾートのスポンサー脱退の話。USバンクオブアメリカも今年限りでの契約となり、ツアーを支えてきたスポンサー終了の話は後を絶ちません。


そして、今日も超ビッグニュースが入ってきました。今度は、「FBRオープン」の冠「FBR」が2009年の大会を最後にスポンサー契約を打ち切ることが明らかになったのです。


FBRってどんな会社?ということでこの大会についてちょっと調べてみました。


photo: arizonafoothills


FBRとは「Friedman, Billings, Ramsey Group, Inc.(フリードマン・ビリングス・ラムジーグループ)」の略で、ワシントンDCに本社を置く投資および資産運用会社。PGAツアーとの関係は2004年に始まり、計6年間スポンサーしたことになる。昨今の金融ショックでここも危ないのかな~と思っていたが、さすがに土日で53万人を集客する大会は大丈夫だと信じていました。


この大会の歴史と特徴についても少し調べてみました。FBRオープンはPGAツアーで4番目に古い大会で、


・アリゾナ・オープン(1932~33年)
・フェニックス・オープン(1935~49年、途中1936~38年まで開催されず)
・ベン・ホーガン・オープン(1950年)
・フェニックス・オープン(1951~56年)
・フェニックス・オープン招待(1957~71年)
・フェニックス・オープン(1972~2003年)
・FBRオープン(2004~09年)※予定


と少しずつではありますが大会名が変わってきていたようですが、企業の冠が付いたのはFBRが最初。FBRがスポンサーになるまでは、PGAツアーの大会の中でスポンサーなしで最も長く運営した大会(1932~2003年)だったそうです。


FBRオープンはアメリカの国民的行事「スーパーボール」の週に開催されているのですが、観客動員数は毎年記録的な数字を残していて、テレビの視聴率も上々だとか。その背景にはスポンサー以外の「もう一つの団体」の動きがあることをご存知でしたでしょうか?


この大会、スポンサー以外に「The Thunderbirds(ザ・サンダーバーズ)」という市民団体がPGAツアーと手を組んで大会スポンサー探しをはじめ、大会のチャリティ基金の運用を担っているそうなのです。試合を開催し、大会期間中にあげられたチャリティや募金をThunderbirdsが管理をしているということになるようです。


ちなみにですね、


2008年の大会で集まったチャリティ金額は860万ドル(約8億円)。さらっと書いてしまいましたが、8億円ですよ、8億!全国のセブンイレブンの募金箱かき集めても数千万円のレベル(たしか...あれはマクドナルドだったかな?)。とにかく、アングリです。


アリゾナ州はお世辞でも都会とはいえない州。そんなところで開催される大会が盛り上がる理由はこういう背景にあったわけですね。収益性が高く、しかも、その多くが地元に還元される資金繰りができていたのでしょう。街の人はこの大会がくるのを首を長くして待っていて、そして、いざその時期が来ると派手なチャリティイベントなどが催される。最も盛り上がる大会の裏舞台は、こういった第3者がいたのですね。


推測までですが、リタイアした人が多く住むアリゾナ州で、この募金の一部は老後施設など公共施設などに充てられているのでしょう。


FBRの会長エリック・ビリング氏はスポンサー脱退に関してこうコメントしています。


「過去6年間、FBRオープンは我々のマーケティングおよびビジネス開発戦略の中核をになってきてくれました。PGAツアーとサンダーバーズとの実り多きパートナーシップにはありがたく思っています。そして、3300万ドル(約30億円)ものチャリティ基金を挙げられたことに関しては特に誇りに思っています。サンダーバーズはこの大会をPGAツアーの中でも最も貴重な試合に育てあげてくれました。大会の規模、特性、全体の質を考えると、新たなスポンサーを探すのにさほど苦労しないことでしょう」


ビリング氏を責めるつもりは毛頭ないが、これほど名を残せる大会の支援を止めて、スポーツイベントのスポンサーシップの何に大儀を見出せというのだろうか?「企業とスポーツ」-こんな時代だからこそ、このテーマは大きな分岐点を迎えているような気がします。


連日、日経新聞のスポーツ面に似たような連載がありますが、企業が潤っている時は、「企業ブランドの構築」「認知度向上」などの大義名分が立つのだろうけど、一度景気が悪化し始めるとその打撃を一番最初に喰らうのもスポーツ。


ゴルフという「ビッグマネースポーツ」も、時代の変化とともに、変り目を迎えているような気がしてならないです。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com