アーニー・エルス、久しぶりだなぁ...10億円のパットなど動画ハイライト集

先週のPGAツアーFedEx Cupプレーオフ最終戦「ザ・ツアー・チャンピオンシップ」のハイライト映像をまとめてみました。


アーニー・エルス、2番パー3でチップイン


エルス、久しぶりに見た気がします。すっかりアメリカの若手選手にスポットライトを奪われちゃいましたね。グーセンの方がもっと久しぶりかもしれないけど...。でもこのバンカーショット、グリーンが手前から受けていて非常に難しいのです。さすがの一言です。


アンソニー・キム、完璧な読み!
この11番パー3、確か4年前の大会最終日に追い上げていたタイガーが旗を直撃してボールが転がり落ちてしまったホール。ちなみにその年に優勝したのはグーセン。タイガーはその日「盲人のようなパッティングだった」と言って、かなり問題になった覚えが。


それにしてもこのアンソニー・キムの勢い、来年以降も止まりそうにないですね。


■もう一人の若手、ハンター・メイハン


アンソニー・キム同様、今年開花した若手メイハン。ライダーカップの前には「奴隷」発言が雑誌で取り上げられてしまい問題になったけど、米国を勝利に導いた立役者になったわけだし誰もそんなこと覚えてないのでしょうw


■サザーランド、見事なチップイン


ビジェイ・シン、10億円のパット


このパットでホールアウトし、プレーオフ優勝を確定させたビジェイ。優勝インタビューや、記者会見では普段は絶対に見せない笑顔を振り撒いていたみたいですね。


■ビジェイ、プレーオフ優勝記者会見


まだまだあったので、少し時間がある時にでも紹介していきます。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com