ドイツバンク選手権、わずか30分の間にエースが2発!

FedEx Cupプレーオフ第2戦の「ドイツバンク選手権」、3日目を終えて上位勢は大混戦。4打差に24名がひしめく展開になっていて、最終日にロースコアを出した選手が抜け出すことでしょう。ババ・ワトソン、3日目の後半の失速がもったいなかった。。。


んでもって2日目にこんな珍事。パー3の16番でわずか30分の間にエースが2回決まったそうなのです!


最初に決めたのはブラント・スネデカー。この日、インスタートだったスネデカーは12番から3ホール連続バーディでスコアを伸ばすと、146ヤードの16番で「完璧な9番アイアン」を振り抜きバックスピンがかかってカップイン。自身6回目のエースとのことですが、プロになってからは初。


「10年以上経ってたからどうリアクションしたらいいのか忘れちゃったよ」とスネデカー。


そのショットがこちら。



前半を「29」で回り、この日7アンダーでトップとは1打差にまで迫っていました。3日目は1打落とすも、それでも首位とは3打差12位タイで最終日に挑みます。


そして、スネデカーのエースのおよそ33分後、同じく16番に来たオーストラリアのグレッグ・チャーマーズがまたしてもホールインワンを達成。これがPGAツアー通算3度目のエース。同じく9番で打ったチャーマーズは「2メートルくらい足りないかと思った」と驚きを隠せなかったようです。


これでドイツバンク選手権でのエースは通算7回。全てが第2ラウンドで決まっているというのもすごい偶然ですね。ちなみに、今回は1時間以内に2回でしたが、1989年オークヒルCCで開催された全米オープンでは2時間の間に4回達成されています。


明日の最終日はこの16番からで再びドラマチックなショットが生まれるのでしょうか。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com