ドイツバンク選手権最終日ペアリング(日本時間付)&見所まとめ

諸々とネタがたくさんたまっていますが、まずはこちらから。今夜から始まるFedEx Cupプレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」最終日のペアリングです。


■ドイツバンク選手権最終日 ペアリング
※()内は6日、日本時間
8:00 AM (21:00) マーク・リーシュマン / ギャレット・ウィリス
8:09 AM (21:09) ポール・ゴイドス / アーロン・バデリー
8:18 AM (21:18) ショーン・ミキール / チャールズ・ハウエルIII
8:27 AM (21:27) ヒース・スローカム / ロバート・アレンビー
8:36 AM (21:36) ジョッシュ・ティーター / デビッド・トムズ
8:45 AM (21:45) イアン・ポールター / リッキー・バーンズ
8:55 AM (21:55) スチュワート・アップルビー / ジェイソン・ボーン
9:05 AM (22:05) ブレンダン・デヨング / ケビン・ストリールマン
9:15 AM (22:15) グレッグ・チャーマーズ / 崔 京周
9:25 AM (22:25) リッキー・ファウラー / ティム・クラーク
9:35 AM (22:35) 今田竜二ババ・ワトソン
9:45 AM (22:45) ニック・ワトニー / デービス・ラブIII
9:55 AM (22:55) ルーカス・グローバー / スティーブン・エイムズ
10:05 AM (23:05) ジム・フューリックカミロ・ビジェガス
10:15 AM (23:15) ライアン・ムーア / ティム・ペトロビック
10:25 AM (23:25) フレドリック・ヤコブセン / ダスティン・ジョンソン
10:35 AM (23:35) ポール・ケイシー / マーティン・レアード
10:45 AM (23:45) マット・ジョーンズ / ロリー・マッキロイ
10:55 AM (23:55) ビル・ハース / ブレイク・アダムス
11:05 AM (24:05) レティーフ・グーセン / ボー・バン・ペルト
11:15 AM (24:15) ジェイソン・ダフナー / アーニー・エルス
11:25 AM (24:25) マイケル・シム / クリス・ブランクス
11:35 AM (24:35) ケビン・ナ / スチュワート・シンク
11:45 AM (24:45) アンヘル・カブレラタイガー・ウッズ
11:55 AM (24:55) ブライアン・デービス / J.B.ホームズ
12:05 PM (25:05) ザック・ジョンソン / スティーブ・マリーノ
12:15 PM (25:15) ライアン・パーマー / ハンター・メイハン
12:25 PM (25:25) マット・クーチャー / Y.E.ヤン
12:35 PM (25:35) ビジェイ・シン / ジョン・センデン
12:45 PM (25:45) トム・ギリス / ジョン・ロリンズ
12:55 PM (25:55) アンドレ・ロメロ / D.J.トレハン
1:05 PM (26:05) チャーリー・ウィ / ジャスティン・レナード
1:15 PM (26:15) アダム・スコットフィル・ミケルソン
1:25 PM (26:25) チャーリー・ホフマン / ジェフ・オギルビー
1:35 PM (26:35) ルーク・ドナルドスティーブ・ストリッカー
1:45 PM (26:45) ジェイソン・デイ / ブラント・スネデカー
======================================


このラウンドの見所をいくつかまとめておくと・・・


ジェイソン・デイ


トップでスタートするデイは今季既に1勝(HPバイロンネルソン選手権)している22歳。先週のザ・バークレイズ、全米プロでも優勝争いに絡んでいました。ここで勝てばまたしても20代前半の新星誕生。デイはオーストラリア出身。


ただ、今季最終日をトップで迎えた選手はことごとく潰れている。ダスティン・ジョンソン、ニック・ワトニー、ジェフ・オバートン、マーティン・レアード、ディーン・ウィルソン、リッキー・ファウラー、ジャスティン・ローズ・・・しかも3打以上のリードを保ちながら。ましてや初のプレーオフ優勝がかかっている大一番。この1打はあってないようなものでしょう。


タイガー・ウッズ


3日目を終えて首位と10打差の23位タイ、このまま終わればFedEx Cupポイントランキング56位で第3戦に進出できます。もし後退し、70位以下になるようなことがあれば、ライダーカップ(選ばれれば)まで暫しの休暇を余儀なくされます。


タイガーは自分が出る試合を選ぶことはあっても、出たい時に招待されない、または出場資格がなかったことはこれまでにないそうです。アマチュア時代も含め。「記憶にない」とのこと。


これはある意味歴史的快挙。


■ワールドランキング&「レイバーデイ(労働者の日)」
最後にタイガー以外の選手が世界No.1に立ったのはビジェイ・シン。そのビジェイがタイガーを破って1位になったのが2004年のレイバーデイ。そう、今日だったのです。


もう聞き飽きたかもしれませんが、フィル・ミケルソン(3日目終えて6位タイ)が1位の座に就くためのシナリオは下記のとおり。


-タイガーの結果がどうであれ、ミケルソンが優勝すれば
-ミケルソンが2位でタイガーが3位以下であれば
-ミケルソンが3位でタイガーが9位以下であれば
-ミケルソンが4位でタイガーが24位以下であり、且つストリッカーが優勝しなければ


これまでに世界1位の座を奪えるチャンスが何度もあったミケルソン。厳密にいうと出場試合11試合連続です。そろそろ決めていただけませんでしょうか・・・。


気になるのはミケルソンは全米オープン以来トップ10がないということ。一昔前のミケルソン(春以降のバーンアウト症候群)に戻ってしまったのかな・・・。肉食止めたのも何か影響があるのかなぁ・・・。


スティーブ・ストリッカー
4打差の4位タイでスタートするストリッカー。最終日、ボギーを叩かずに逆転優勝すれば、「ノーボギー優勝」となり、これはPGAツアーでは36年ぶり、1974年以来の快挙となる。バイオリズムなのでしょうか、なぜか9月のプレーオフの時期になると強いストリッカー。さすが「ミスター・セプテンバー」。


今田竜二
現在2アンダーの49位タイ。ポイントランキングもこのままだと78位で来週の第3戦に進出できません。上位の選手たちが拮抗していて、さらにはカットライン近辺の選手たちが上位に入っているため、最終日にはかなり伸ばさないとポイントを稼げない状況。恐らく最低でも4打は伸ばさないと・・・もちろん最終日の他の選手たちの動向にも寄りますが、厳しい状況であることに変わりはないようですね。


■米国ライダーカップに入りたい組
リッキー・ファウラースチュワート・シンクザック・ジョンソン、J.B.ホームズ、リッキー・バーンズ、ライアン・パーマー、ボー・バン・ペルト。そしてここに来てジャスティン・レナード。スネデカーが逆転優勝したら可能性はあるの!?・・・などなど誰が選ばれてもおかしくない状態。この最終ラウンドを終えた段階でキャプテンのコーリー・ペイビンが推薦選手4名を発表します。果たして誰が最後のラストスパートをかけてくるのか。アメリカ人選手には一目置いておいた方がいいかもしれませんね。


あ、あとタイガーもいましたねw

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com