ドイツバンク選手権最終日速報:タイガー・ウッズ、前半6アンダーで猛猛チャージ(現在進行形)!大逆転あるの・・・!?

ドイツバンク選手権最終日。最後の数組を残し、快晴のもとプレーが始まっています。


そして、最初の3日間、パッティングに苦しみ低迷していたタイガー・ウッズが最終日にようやく「らしさ」を見せています!日本時間8日午前1:30現在、前半を終えたタイガーは4バーディ、1イーグル、ノーボギーで6つスコアを伸ばして、30位タイから9位タイに一気に浮上。首位のショーン・オヘアスティーブ・ストリッカーレティーフ・グーセンに3打差まで迫っています。

前半「30」はすごいの一言です・・・。しかし、全米プロ選手権あたりから、タイガーのプレーに波が出始めていますね。先週の「ザ・バークレイズ」でも優勝争いに入っていないかと思ったら、最終日の後半にチャージをかけ最終ホールでプレーオフに持ち込めるところまで猛追していました。もし、今日の後半もこの調子でプレーを続ければ、歴史に残る大逆転優勝も見えてきます。


2番から3連続バーディと絶好のスタートを切ったタイガー。圧巻だったのはパー4、6番ホール(465ヤード)。ティショットを321ヤード飛ばし、グリーン手前から左側に池が広がるグリーンを攻めるところか、残り131ヤードを直接カップイン!7番目に難しいこのホールをイーグルで一気に上位に進出してきました。


既にスコアボード一枚目に名前が上がってきていて、これを見ながらスタートしていく最後の数組の選手達は背後の気配を感じながらのプレーになるのでしょう・・・。果たしてどこまで伸ばしてくるのでしょうか。


最新スコアはこちらから

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com