ドイツバンク選手権事前:アーニー・エルス「3ヵ年マニフェスト」実現できるの?

日本では政権与党になる民主党が選挙で公約した内容が毎日何かと話題になっていますね。ゴルフ界でも数年前、マニフェスト(公約)を打ち立てた男がいたのですが、その期限が着々と迫っています。


2006年12月、メジャー3勝のアーニー・エルスは次のような公約をしたのです。

「2007年は、自分のゴルフ人生において、改めて全力でコミットする3ヵ年計画の最初の年になる。幾つかメジャーを勝ち、タイガー・ウッズを脅かす。ランキングを見ると、彼のリードは大きすぎて近々誰も追い付けるような差ではない。私はこれから3年で、彼に近付かなければならない。本当に実現できると思っている」


ernieels0904.jpg
photo: zimbio.com


つい数年前まではビッグ4とか(グーセンを入れて)ビッグ5などと言われていた時もあったエルス。しかし、2005年夏に膝の靭帯を損傷、手術を受け、翌年はツアーに完全復帰するも18試合で優勝なし(1994年以来、優勝できなかった年はわずか2度目)。


タイガーに挑戦することを公にしてから、エルスの3ヵ年計画から生み出した勝利数はわずかに3回。その間、タイガーは優勝18回。近付くどころか、エルスの世界ランキングは20位。タイガーは1位。


エルスの公約は今年一杯で切れます。先日、ドイツバンク選手権開幕前の記者会見でこの話題が上ったそうです。


「え、まだそんな話覚えていたの?」と、まるでどこかの政治家のように笑いながらとぼけたエルス。


「ここ数年、自分が持っているものを出し切れていない。どこかぎこちない感じがする数年だった。もっと良いプレーができることは分かっている。かつてはある程度のレベルでプレーしたいたにも関わらず、そこからどん底に落ちて、もう一回昔のプレーができると分かっているのにできていない・・・。それほどストレスが溜まるものはない。」


そんなエルスはここに来て復調気配。全英オープンでは8位タイ、全米プロ選手権で6位タイ、そして先週のザ・バークレイズで今季最高の2位という成績を残しています。シーズン終盤に来て、尻上がりに調子を上げてきています。「あまり先を見過ぎたくないけど、ここ数週間は調子が良いし、これを持続していきたい。優勝がそろそろ見えてきた気がする」と、エルス。


そして最後にこう付け加えたようです。


「先週のようなプレーを続けることができれば、3ヵ年計画も復活させることができるかな・・・」


マニフェストは守ってもらわないとなぁw


少し期限を越えたとしても、是非実現して欲しいものですね。


====================================
【関連商品】
iconicon【エルス使用ドライバー】キャロウェイ ゴルフ FT-iQ
icon
====================================

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com