残り2戦!FedEx Cupプレーオフ初戦の出場権をかけた争いにタイガーも・・・

FedEx Cupレギュラーシーズンも残すところあと2戦。今週の全米プロ選手権はメジャーのため通常の試合よりポイントが上乗せされるので、プレーオフ4戦のカットラインになっている125位、100位、70位、30位近辺にいる選手にとっては1ポイントでも多く稼いでおきたいところ。


ついこの間までプレーオフ第2戦(上位100名)の進出が危ういと言われていたタイガー・ウッズ


初戦のカットライン125位も危なくなってきました・・・。

では最新のランキングがこちら。


■FedEx Cupポイントランキング(上位125名)
※ランク-(前週)-選手名:ポイント数
1(1)アーニー・エルス:1,795
2(2)スティーブ・ストリッカー:1,646
3(3)ジム・フューリック:1,645
4(4)ジャスティン・ローズ:1,593
5(5)フィル・ミケルソン:1,563
6(6)ジェフ・オバートン:1,536
7(22)ハンター・メイハン:1,500
8(7)ティム・クラーク:1,381
9(8)マット・クーチャー:1,358
10(9)ベン・クレイン:1,276
11(11)ダスティン・ジョンソン:1,252
12(19)ボー・バン・ペルト:1,231
13(10)アンソニー・キム:1,216
14(12)ロバート・アレンビー:1,169
15(13)ババ・ワトソン:1,168
16(15)リッキー・ファウラー:1,135
17(14)カミロ・ビジェガス:1,122
18(17)J.B.ホームズ:1,108
19(16)カール・ペターソン:1,097
20(18)ルーク・ドナルド:1,089
21(27)レティーフ・グーセン:1,053
22(43)ライアン・パーマー:1,036
23(20)ブレンドン・デ・ヨング:1,015
24(21)ザック・ジョンソン:1,011
25(23)ビル・ハース:984
26(24)スチュワート・アップルビー:955
27(25)リッキー・バーンズ:947
28(29)ニック・ワトニー:933
29(26)ジェイソン・ボーン:926
30(28)ポール・ケイシー:926
31(32)ロリー・マッキロイ:921
32(33)アダム・スコット:912
33(31)ジェイソン・デイ:909
34(30)崔 京周:894
35(34)ライアン・ムーア:887
36(40)ショーン・オヘア:858
37(35)ボーン・テイラー:824
38(36)ジェフ・オギルビー:815
39(38)スコット・バープランク:786
40(37)フレドリック・ヤコブソン:768
41(41)ブライアン・デービス:753
42(39)ケビン・ナ:744
43(42)イアン・ポールター:733
44(44)チャールズ・ハウエルIII:726
45(45)ブライアン・ゲイ:709
46(46)ブラント・スネデカー:707
47(47)チャーリー・ウィ:690
48(50)ヒース・スローカム:687
49(48)ブライス・モールダー:681
50(51)Y.E.ヤン:678
51(49)マーク・リーシュマン:670
52(57)パドレイグ・ハリントン:662
53(55)ルーカス・グローバー:653
54(52)マット・ジョーンズ:647
55(53)スティーブ・マリーノ:635
56(54)スペンサー・レビン:633
57(59)スチュワート・シンク:627
58(58)ロリー・サバティーニ:618
59(56)ポール・ゴイドス:597
60(60)ショーン・ミキール:575
61(101)J.J.ヘンリー:564
62(64)ビジェイ・シン:560
63(61)グレッグ・チャーマーズ:558
64(71)ケニー・ペリー:555
65(62)ジミー・ウォーカー:554
66(63)クリス・バンクス:553
67(66)スティーブン・エイムズ:548
68(68)D.J.トレハン:547
69(69)チャーリー・ホフマン:546
70(67)チャド・キャンベル:543
71(65)パット・ペレス:534
72(76)アンヘル・カブレラ:524
73(75)ブー・ウィークリー:513
74(70)ブレイク・アダムズ:510
75(74)トム・ギリス:505
76(72)ジョン・ロリンズ:500
77(78)アレックス・プルー:500
78(73)ケビン・サザーランド:499
79(98)アレックス・チェイカ:489
80(77)デレック・レイムリー:486
81(82)D.A.ポインツ:486
82(85)ティム・ペトロビック:474
83(86)ジェイソン・ダフナー:473
84(88)マット・ベッテンコート:472
85(79)チャド・コリンズ:472
86(89)クリス・カウチ:472
87(80)アーロン・バデリー:468
88(81)ジョン・センデン:467
89(83)ジェフ・マガート:463
90(100)セルヒオ・ガルシア:461
91(97)スティーブ・エルキントン:461
92(84)デービス・ラブIII:460
93(95)ギャレット・ウィリス:460
94(107)ジェリー・ケリー:459
95(87)ジョー・オギルビー:454
96(110)ジョッシュ・ティーター:453
97(164)ビル・ランド:449
98(93)ジョン・メリック:446
99(90)今田竜二:445
100(115)マイケル・シム:440
101(91)J.P.ヘイズ:439
102(92)ブライニー・ベアード:437
T103(94)クリス・ライリー:434
T103 (99)ディーン・ウィルソン:434
105(96)コーリー・ペイビン:433
106(118)マーティン・レアード:423
107(112)ベン・カーティス:416
108(104)ネイサン・グリーン:414
109(102)キャメロン・ベックマン:414
110(105)デビッド・トムズ:413
111(103)ケビン・ストリールマン:412
112(113)デビッド・デュバル:404
113(106)ウェブ・シンプソン:401
114(122)ジャスティン・レナード:395
115(108)ケビン・スタドラー:394
116(121)ウッディー・オースティン:394
117(109)グラハム・デラエット:393
118(116)ボブ・エステス:391
119(111)タイガー・ウッズ:390
120(123)ジョナサン・バード:381
121(119)ロバート・ガリガス:381
122(114)アンドレ・ロメロ:377
123(125)トロイ・マテソン:371
124(117)クリス・ストラウド:369
125(120)マイケル・レッジグ:367
==================================


大きな動きを見せたのは先週の2試合の優勝者、ハンター・メイハンビル・ランド。ランドは一気に第2戦のカットライン100位以内に入ってきました。そしてそれぞれの大会で2位に入ったライアン・パーマーJ.J.ヘンリーも大きく順位を上げています。


逆に先週で4週連続予選落ちとなった今田竜二。ここ9試合で7度予選落ち。シーズン終盤での足踏みは痛い。ぎりぎり99位と粘っていますが、今週の結果次第ではトップ100から漏れてしまいそう...。


ランドなどランク外からの選手がひょっこり出てきたおかげで、111→119位に後退したのがタイガー・ウッズ。先週は自己ワーストトーナメントとなりましたが、予選落ちがなく1ポイントでも加算できたことが不幸中の幸い(幸いか!?)。今週出場してくる選手たちはほとんどがタイガーよりランキングでは上位にいるので、これ以上落ちることはない(はず)ですが、来週のウィンダム選手権でラストスパートかけてくる125位近辺の選手たちに追い抜かれてしまう可能性も・・・。そうなるとプレーオフ自体の出場も危なくなってきます。


今週注目したいのがスティーブ・ストリッカー。地元ウィスコンシンでの今季最後のメジャー、さらにはワールドランキングの上位3名が不振(欠場)とあって、ワールドランキングポイントの差も詰められるビッグチャンス。きっと会場では彼を応援するギャラリーも多いはず(「チーズヘッド」ジェリー・ケリーも!)。


でもストリッカーさんはメジャーになるとなぜか消えるんですよねぇ・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com