FedEx Cupプレーオフ進出125名が確定!今田竜二は107位、タイガーは・・・

ウィンダム選手権を終えて今季のPGAツアー「FedEx Cupレギュラーシーズン」が終了。ポイントランキングの上位125名が来週のプレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」に進出、そこから1戦毎に人数が削られていき第4戦(最終戦)の「ツアー選手権」で最終的に年間チャンピオンが決定します。


4年目を迎えるこのプレーオフシステム。今年のプレーオフに進出を決めた選手一覧です。

■FedEx Cupポイントランキング
※ランク-(前週)-選手名:ポイント数
1 ( 1 ) アーニー・エルス:1,846
2 ( 2 ) スティーブ・ストリッカー:1,697
3 ( 3 ) ジム・フューリック:1,691
4 ( 4 ) フィル・ミケルソン:1,629
5 ( 5 ) ジャスティン・ローズ:1,593
6 ( 6 ) ジェフ・オバートン:1,536
7 ( 7 ) ハンター・メイハン:1,528
8 ( 8 ) ババ・ワトソン:1,498
9 ( 9 ) マット・クーチャー:1,437
10 ( 10 ) ティム・クラーク:1,409
11 ( 11 ) ダスティン・ジョンソン:1,362
12 ( 12 ) ベン・クレイン:1,304
13 ( 13 ) ボー・バン・ペルト:1,272
14 ( 14 ) アンソニー・キム:1,216
15 ( 15 ) カミロ・ビジェガス:1,213
16 ( 16 ) ザック・ジョンソン:1,191
17 ( 17 ) ロバート・アレンビー:1,169
18 ( 18 ) J.B.ホームズ:1,153
19 ( 19 ) リッキー・ファウラー:1,147
20 ( 20 ) カール・ペターソン:1,142
21 ( 21 ) ロリー・マッキロイ:1,101
22 ( 22 ) ルーク・ドナルド:1,089
23 ( 23 ) ライアン・パーマー:1,071
24 ( 24 ) レティーフ・グーセン:1,068
25 ( 25 ) ブレンドン・デヨング:1,035
26 ( 28 ) ビル・ハース:1,025
27 ( 26 ) ポール・ケイシー:992
28 ( 27 ) ジェイソン・デイ:988
29 ( 29 ) ニック・ワトニー:984
30 ( 30 ) スチュワート・アップルビー:957
=====プレーオフ第4戦(最終戦)カットライン=====
31 ( 31 ) リッキー・バーンズ:947
32 ( 32 ) アダム・スコット:940
33 ( 33 ) ジェイソン・ボーン:926
34 ( 34 ) 崔 京周:922
35 ( 35 ) ライアン・ムーア:893
36 ( 36 ) ショーン・オヘア:858
37 ( 41 ) フレドリック・ヤコブソン:826
38 ( 37 ) ボーン・テイラー:824
39 ( 38 ) ジェフ・オギルビー:815
40 ( 45 ) ブラント・スネデカー:813
41 ( 42 ) ケビン・ナ:804
42 ( 39 ) スコット・バープランク:786
43 ( 40 ) ブライアン・デービス:781
44 ( 98 ) デビッド・トムズ:748
45 ( 43 ) ブライス・モールダー:748
46 ( 44 ) チャールズ・ハウエルIII:746
47 ( 54 ) ルーカス・グローバー:743
48 ( 49 ) マーク・リーシュマン:738
49 ( 46 ) イアン・ポールター:733
50 ( 47 ) ヒース・スローカム:722
51 ( 48 ) ブライアン・ゲイ:714
52 ( 50 ) チャーリー・ウィ:690
53 ( 51 ) Y.E.ヤン:678
54 ( 52 ) スチュワート・シンク:678
55 ( 53 ) パドレイグ・ハリントン:662
56 ( 55 ) マット・ジョーンズ:647
57 ( 57 ) スペンサー・レビン:646
58 ( 56 ) スティーブ・マリーノ:636
59 ( 79 ) ジョン・ロリンズ:634
60 ( 58 ) ロリー・サバティーニ:618
61 ( 62 ) ジェイソン・ダフナー:617
62 ( 64 ) J.J.ヘンリー:598
63 ( 59 ) ポール・ゴイドス:597
64 ( 60 ) ショーン・ミキール:595
65 ( 61 ) ビジェイ・シン:588
66 ( 69 ) D.J.トレハン:577
67 ( 102 ) マイケル・シム:573
68 ( 63 ) スティーブ・エルキントン:571
69 ( 65 ) グレッグ・チャーマーズ:558
70 ( 109 ) ジャスティン・レナード:556
=====プレーオフ第3戦カットライン=====
71 ( 66 ) ケニー・ペリー:555
72 ( 67 ) ジミー・ウォーカー:554
73 ( 68 ) クリス・ブランクス:554
74 ( 78 ) トム・ギリス:554
75 ( 70 ) チャド・キャンベル:551
76 ( 71 ) スティーブン・エイムズ:548
77 ( 72 ) チャーリー・ホフマン:546
78 ( 73 ) D.A.ポインツ:544
79 ( 74 ) パット・ペレス:534
80 ( 85 ) ティム・ペトロビック:532
81 ( 80 ) アレックス・プルー:526
82 ( 76 ) ブー・ウィークリー:526
83 ( 75 ) アンヘル・カブレラ:524
84 ( 93 ) ギャレット・ウィリス:517
85 ( 77 ) ブレイク・アダムズ:514
86 ( 87 ) チャド・コリンズ:512
87 ( T105 ) クリス・ライリー:512
88 ( 96 ) ジョッシュ・ティーター:502
89 ( 81 ) ケビン・サザーランド:499
90 ( 94 ) ジェリー・ケリー:493
91 ( 82 ) アレックス・チェイカ:489
92 ( 83 ) デレック・レイムリー:487
93 ( 89 ) アーロン・バデリー:481
94 ( 116 ) ウェブ・シンプソン:478
95 ( 101 ) マーティン・レアード:477
96 ( 84 ) デービス・ラブIII:475
97 ( 86 ) マット・ベッテンコート:472
98 ( 88 ) クリス・カウチ:472
99 ( 90 ) ジョン・センデン:467
100 ( 91 ) ジェフ・マガート:463
=====プレーオフ第2戦カットライン=====
101 ( 92 ) セルヒオ・ガルシア:461
102 ( 114 ) ケビン・ストリールマン:460
103 ( 104 ) ブライニー・ベアード:458
104 ( 95 ) ジョー・オギルビー:454
105 ( 99 ) ジョン・メリック:449
106 ( 97 ) ビル・ランド:449
107 ( 100 ) 今田竜二:445
108 ( 103 ) J.P.ヘイズ:439
109 ( T105 ) ディーン・ウィルソン:434
110 ( 107 ) コーリー・ペイビン:433
111 ( 120 ) ボブ・エステス:432
112 ( 108 ) タイガー・ウッズ:431
113 ( 112 ) キャメロン・ベックマン:427
114 ( 113 ) トロイ・マテソン:425
115 ( 123 ) アンドレ・ロメロ:418
116 ( 110 ) ベン・カーティス:416
117 ( 121 ) ジョナサン・バード:415
118 ( 125 ) マイケル・レッジグ:415
119 ( 111 ) ネイサン・グリーン:414
120 ( 115 ) デビッド・デュバル:404
121 ( 117 ) ケビン・スタドラー:394
122 ( 118 ) ウッディー・オースティン:394
123 ( 119 ) グラハム・デラエット:393
124 ( 122 ) ロバート・ガリガス:382
125 ( 140 ) スコット・ピアシー:380
=====プレーオフ第1戦カットライン=====
126 ( 127 ) ジェフ・クイニー:378
127 ( 124 ) クリス・ストラウド:369
128 ( 126 ) マイク・ウィア:360


■FedEx Cupプレーオフ詳細
 ・第1戦ザ・バークレイズ 125名出場→獲得ポイントを加算し、上位100名が第2戦に進出
 ・第2戦ドイツバンク選手権 100名出場→獲得ポイントを加算し、上位70名が第3戦に進出
 ・第3戦BMW選手権 70名出場→獲得ポイントを加算し、上位30名が最終戦に進出。この時点でランキングに応じてポイントが新たに振り分けられる(ランキング上位5名で最終戦に進出した選手は優勝すれば年間王者になれるシステムになっている)。
 ・最終戦ツアー選手権 30名が出場→最終的にポイント1位の選手がFedEx Cupチャンピオン


===============================================


ウィンダム選手権で初日の出だしはよかった今田竜二。しかし初日からロースコアが続出し、終わってみれば予選落ち。今週は100→107位に落ち、プレーオフ第2戦進出のためには初戦で上位に入る必要があります。


タイガー・ウッズも同様、初戦のザ・バークレイズでどこまでポイントを取れるかにかかっています。もちろん、フィル・ミケルソンも出場してくるわけで世界No.1の座の争いもかかっています。


先週のウィンダム選手権で優勝したアージュン・アトワルがこのリストに入っていません。アトワルはマンデー予選を突破して本戦に出場していて、現在、PGAツアーカードを持っていないのです。彼が獲得したのは来季以降のツアー出場権であり、他にプレーオフ進出を目指していた選手たちからすれば「彼が獲得した無効になったポイントを分散してくれれば・・・」と思っているはずでしょう。プレーオフシステムの新たな落とし穴かもしれません。


それでも実力者2名、デビッド・トムズとジャスティン・レナードはそれぞれ2位、3位タイでホールアウトし、大きくランキングで浮上。共に上位70位に進出していて、第3戦目まで進める位置につけています。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com