FedEx Cupプレーオフ最新ランキング:タイガー急浮上!今田も第3戦カットラインに接近

マット・クーチャーの劇的なプレーオフ勝利で幕を閉じたFedEx Cupプレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」。2,500ポイントを獲得し、ポイントランキングトップに浮上。更に最終日トップでスタートして惜しくもクーチャーに屈したマーティン・レアードも3位まで上がってきています。もう少し今季の早い段階でエンジンがかかっていればライダーカップ推薦候補にも挙がっていたのに・・・。


プレーオフでのポイント配分はレギュラーシーズンのそれと比べるとポイント数が多いため、上下の移動が激しくなっています。タイガー・ウッズ今田竜二らもその恩恵を受けています。


FedEx Cupプレーオフ関連のニュースはこちら

最新のポイントランキングです。


====================================


■FedEx Cupポイントランキング
※ランク-(前週)-選手名:ポイント数
1 ( 9 ) マット・クーチャー : 3,937
2 ( 2 ) スティーブ・ストリッカー : 2,572
3 ( 95 ) マーティン・レアード : 1,977
4 ( 5 ) ジャスティン・ローズ : 1,860
5 ( 1 ) アーニー・エルス : 1,851
6 ( 11 ) ダスティン・ジョンソン : 1,737
7 ( 7 ) ハンター・メイハン : 1,718
8 ( 3 ) ジム・フューリック : 1,691
9 ( 8 ) ババ・ワトソン : 1,688
10 ( 4 ) フィル・ミケルソン : 1,629
11 ( 12 ) ベン・クレイン : 1,607
12 ( 6 ) ジェフ・オバートン : 1,604
13 ( 23 ) ライアン・パーマー : 1,553
14 ( 28 ) ジェイソン・デイ : 1,469
15 ( 16 ) ザック・ジョンソン : 1,429
16 ( 10 ) ティム・クラーク : 1,409
17 ( 22 ) ルーク・ドナルド : 1,356
18 ( 102 ) ケビン・ストリールマン : 1,335
19 ( 32 ) アダム・スコット : 1,315
20 ( 24 ) レティーフ・グーセン : 1,306
21 ( 38 ) ボーン・テイラー : 1,305
22 ( 19 ) リッキー・ファウラー : 1,297
23 ( 27 ) ポール・ケイシー : 1,295
24 ( 17 ) ロバート・アレンビー : 1,279
25 ( 13 ) ボー・バン・ペルト : 1,272
26 ( 15 ) カミロ・ビジェガス : 1,241
27 ( 14 ) アンソニー・キム : 1,216
28 ( 21 ) ロリー・マッキロイ : 1,169
29 ( 18 ) J.B.ホームズ : 1,153
30 ( 20 ) カール・ペターソン : 1,142
=====プレーオフ第4戦(最終戦)カットライン=====
31 ( 26 ) ビル・ハース : 1,135
32 ( 29 ) ニック・ワトニー : 1,134
33 ( 60 ) ロリー・サバティーニ : 1,099
34 ( 50 ) ヒース・スローカム : 1,097
35 ( 36 ) ショーン・オヘア : 1,048
36 ( 30 ) スチュワート・アップルビー : 1,045
37 ( 25 ) ブレンドン・デヨング : 1,035
38 ( 49 ) イアン・ポールター : 1,001
39 ( 41 ) ケビン・ナ : 954
40 ( 51 ) ブライアン・ゲイ : 952
41 ( 31 ) リッキー・バーンズ : 947
42 ( 54 ) スチュワート・シンク : 946
43 ( 33 ) ジェイソン・ボーン : 926
44 ( 34 ) 崔 京周 : 922
45 ( 52 ) チャーリー・ウィ : 902
46 ( 45 ) ブライス・モールダー : 898
47 ( 35 ) ライアン・ムーア : 893
48 ( 48 ) マーク・リーシュマン : 888
49 ( 43 ) ブライアン・デービス : 829
50 ( 37 ) フレドリック・ヤコブソン : 826
51 ( 66 ) D.J.トレハン : 815
52 ( 39 ) ジェフ・オギルビー : 815
53 ( 40 ) ブラント・スネデカー : 813
54 ( 42 ) スコット・バープランク : 796
55 ( 83 ) アンヘル・カブレラ : 792
56 ( 53 ) Y.E.ヤン : 788
57 ( 55 ) パドレイグ・ハリントン : 772
58 ( 80 ) ティム・ペトロビック : 770
59 ( 77 ) チャーリー・ホフマン : 759
60 ( 44 ) デビッド・トムズ : 748
61 ( 69 ) グレッグ・チャーマーズ : 748
62 ( 46 ) チャールズ・ハウエルIII : 746
63 ( 47 ) ルーカス・グローバー : 743
64 ( 99 ) ジョン・センデン : 735
65 ( 112 ) タイガー・ウッズ : 734
66 ( 67 ) マイケル・シム : 723
67 ( 98 ) クリス・カウチ : 709
68 ( 70 ) ジャスティン・レナード : 706
69 ( 76 ) スティーブン・エイムズ : 698
70 ( 56 ) マット・ジョーンズ : 695
=====プレーオフ第3戦カットライン=====
71 ( 57 ) スペンサー・レビン : 673
72 ( 96 ) デービス・ラブIII : 665
73 ( 107 ) 今田竜二 : 657
74 ( 78 ) D.A.ポインツ : 654
75 ( 88 ) ジョッシュ・ティーター : 652
76 ( 108 ) J.P.ヘイズ : 652
77 ( 72 ) ジミー・ウォーカー : 642
78 ( 58 ) スティーブ・マリーノ : 636
79 ( 59 ) ジョン・ロリンズ : 634
80 ( 94 ) ウェブ・シンプソン : 628
81 ( 61 ) ジェイソン・ダフナー : 617
82 ( 62 ) J.J.ヘンリー : 603
83 ( 75 ) チャド・キャンベル : 598
84 ( 63 ) ポール・ゴイドス : 597
85 ( 64 ) ショーン・ミキール : 595
86 ( 65 ) ビジェイ・シン : 588
87 ( 79 ) パット・ペレス : 581
88 ( 114 ) トロイ・マテソン : 575
89 ( 68 ) スティーブ・エルキントン : 571
90 ( 71 ) ケニー・ペリー : 565
91 ( 73 ) クリス・ブランクス : 554
92 ( 74 ) トム・ギリス : 554
93 ( 93 ) アーロン・バデリー : 549
94 ( 86 ) チャド・コリンズ : 540
95 ( 81 ) アレックス・プルー : 526
96 ( 82 ) ブー・ウィークリー : 526
97 ( 84 ) ギャレット・ウィリス : 517
98 ( 85 ) ブレイク・アダムズ : 514
99 ( 87 ) クリス・ライリー : 512
100 ( 115 ) アンドレ・ロメロ : 505
=====プレーオフ第2戦カットライン=====
101 ( 89 ) ケビン・サザーランド : 499
102 ( 90 ) ジェリー・ケリー : 493
103 ( 91 ) アレックス・チェイカ : 489
104 ( 92 ) デレック・レイムリー : 487
105 ( 117 ) ジョナサン・バード : 483
106 ( 97 ) マット・ベッテンコート : 472
107 ( 124 ) ロバート・ガリガス : 469


===================================


初日、最終日と復活を予感させるプレーを見せたタイガー。12位タイに入り、ランキングも先週の112→65位に浮上し、来週の第3戦「BMW選手権」進出のカットラインに入ってきました。ただ、今週はこのカットライン近辺にいる選手たちのせめぎ合いが予想され、次戦に進むためには予選通過が絶対条件。


そのせめぎ合いの中に入ってくるであろう今田竜二。ザ・バークレイズでは3日目を終わって首位と7打差、トップ10圏内にいましたが最終日は伸ばせず後退。それでもポイントランキング上は107→73位にまでジャンプアップ。なんとか第2戦への出場権を獲得しました。今週は一打の重みがさらに増してきます。


それ以外には3位タイに踏ん張ったケビン・ストリールマンが102→18位に入り、一気に最終戦のカットライン圏内に突入。考えてみれば、2年前に同舞台で開催されたこの大会で3日目を終えてトップ、プレーオフまであと1打足りずに惜敗したストリールマン。そういえば、コースに隣接している墓地に彼の祖父母が埋葬されているという不思議な縁のある選手でした・・・。


今週の第2戦「ドイツバンク選手権」の前年度覇者はスティーブ・ストリッカー。バークレイズでも最終日に猛追し、上位争いに入ってくるもさすがにトップと8打差スタートでは荷が重かった・・・。それでもポイントランキング2位を死守。地味なイメージだけどスーパーナイスガイ。タイガーとの一騎打ちも見てみたい。


個人的にはライダーカップ欧州チーム入りを逃した2名、ポール・ケイシージャスティン・ローズに残り3戦頑張ってほしい(=個人的にはハリントンの選出は?)。ローズは先週1つポジションを上げて4位、残り3戦で1つでも勝てば年間MVPの有力候補になるでしょう(今季既に2勝)。


この2名、胸中穏やかではないに決まってる。もやもや感、鬱憤はプレーで爆発させてほしい!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com