ザ・バークレイズ3日目速報:ストリールマン、初優勝へ視界良好

米PGAツアーのFedEx Cupプレーオフ初戦「ザ・バークレイズ」は3日目を終えて大激戦の模様。そんな中、伏兵中の伏兵、29歳のケビン・ストリールマンが8アンダーで単独首位に立ち、1打差にひしめくセルヒオ・ガルシアビジェイ・シン、ポール・ケーシー、マイク・ウィアの4名、更に2打差にはケニー・ペリーアンヘル・カブレラら強豪が待ち構える。間もなくスタートする最終ラウンドは、誰が勝ってもおかしくない状態だ。

第3ラウンドの半ばまで昨年の覇者スティーブ・ストリッカーが12アンダーと独走を続けていたが、後半に入って大崩れ。パー4、12番ではリッジウッドCC独特の深いラフにつかまり、無理に寄せようとしたショットがグリーンを越えてロストボール。4打目の打ち直しはショートして5オン、2パットで痛恨のトリプルボギー。「12番でのミスは今までで一番バカな失敗だ」と落胆。結果、スコアも急降下してこの日6オーバー、通算4アンダー11位タイまで下がってしまった。


lead1martin.jpg
photo: pgatour.com


代わって首位に立ったのがストリールマン。このサイトでも以前紹介したことがあるが、タイガー・ウッズが劇的な勝利を飾った全米オープン初日に首位に立っていた選手だ。昨年のQスクールから這い上ってきた苦労人。まだ優勝どころかトップ10入りがわずかに2回とこの大会の最終日では未知の域に入る。


怖いのは3日目にパーオンできなかったのがわずかに1回と、ほぼ完璧なゴルフをしたロバート・アレンビー「8、9アンダーでも全くおかしくなかった」と3日目の5アンダー、66を振り返った。まだ今季優勝はないものの、ポイントランキングでは11位と今季は通年上位争いをしているだけに、この辺で大逆転があっても全く不思議ない。


最終ラウンドは日本時間24日午後10:05に開始される。


>PGATOUR.comのリアルタイムスコアはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com