FedEx Cupランキング:タイガーOUT!最有力候補はストリッカー?最終戦は見ごたえある一戦!

FedEx Cupプレーオフも第3戦BMW選手権を終えていよいよ最終戦「ツアー選手権」を残すのみ。タイガーが最終戦を前に脱落、ダスティン・ジョンソンの今季2勝目で年間MVP争いも混戦模様。


まずは最新のFedEx Cupプレーオフポイントのおさらいをしておきます。


FedEx Cupプレーオフに関するニュースはこちら

こちらが第3戦を終えた時点でのポイントランキング。


■FedEx Cupポイントランキング(プレーオフ第3戦終了時)
※順位(先週)選手:PT数(優勝回数-トップ10数-トップとの差)
1 ( 1 ) マット・クーチャー : 4,935 ( 1 - 11 - - )
2 ( 16 ) ダスティン・ジョンソン : 4,299 ( 2 - 7 - 636 )
3 ( 2 ) チャーリー・ホフマン : 3,449 ( 1 - 4 - 1,486 )
4 ( 3 ) スティーブ・ストリッカー : 3,372 ( 2 - 9 - 1,563 )
5 ( 21 ) ポール・ケイシー : 3,015 ( 0 - 6 - 1,920 )
6 ( 4 ) ジェイソン・デイ : 2,633 ( 1 - 5 - 2,302 )
7 ( 5 ) ルーク・ドナルド : 2,597 ( 0 - 6 - 2,338 )
8 ( 7 ) アーニー・エルス : 2,343 ( 2 - 6 - 2,592 )
9 ( 6 ) マーティン・レアード : 2,294 ( 0 - 3 - 2,641 )
10 ( 14 ) フィル・ミケルソン : 2,249 ( 1 - 6 - 2,686 )
11 ( 11 ) ジム・フューリック : 2,121 ( 2 - 6 - 2,814 )
12 ( 9 ) ジェフ・オギルビー : 2,121 ( 1 - 2 - 2,814 )
13 ( 10 ) ジャスティン・ローズ : 2,105 ( 2 - 4 - 2,830 )
14 ( 15 ) アダム・スコット : 2,083 ( 1 - 4 - 2,852 )
15 ( 8 ) ハンター・メイハン : 2,058 ( 2 - 3 - 2,877 )
16 ( 13 ) ライアン・パーマー : 1,988 ( 1 - 4 - 2,947 )
17 ( 20 ) レティーフ・グーセン : 1,976 ( 0 - 9 - 2,959 )
18 ( 12 ) ババ・ワトソン : 1,948 ( 1 - 4 - 2,987 )
19 ( 17 ) ザック・ジョンソン : 1,896 ( 1 - 2 - 3,039 )
20 ( 41 ) ケビン・ナ : 1,837 ( 0 - 4 - 3,098 )
21 ( 22 ) ティム・クラーク : 1,757 ( 1 - 6 - 3,178 )
22 ( 18 ) ベン・クレイン : 1,732 ( 1 - 5 - 3,203 )
23 ( 52 ) 崔 京周 : 1,725 ( 0 - 3 - 3,210 )
24 ( 19 ) ジェフ・オバートン : 1,669 ( 0 - 6 - 3,266 )
25 ( 33 ) カミロ・ビジェガス : 1,621 ( 1 - 6 - 3,314 )
26 ( 58 ) ライアン・ムーア : 1,610 ( 0 - 5 - 3,325 )
27 ( 27 ) ロバート・アレンビー : 1,604 ( 0 - 4 - 3,331 )
28 ( 30 ) ニック・ワトニー : 1,584 ( 0 - 6 - 3,351 )
29 ( 26 ) ケビン・ストリールマン : 1,575 ( 0 - 4 - 3,360 )
30 ( 23 ) ボー・バン・ペルト : 1,572 ( 0 - 6 - 3,363 )
31 ( 28 ) ビル・ハース : 1,565 ( 1 - 2 - 3,370 )
32 ( 25 ) リッキー・ファウラー : 1,564 ( 0 - 5 - 3,371 )
33 ( 37 ) チャーリー・ウィ : 1,560 ( 0 - 4 - 3,375 )
34 ( 24 ) J.B.ホームズ : 1,501 ( 0 - 3 - 3,434 )
35 ( 32 ) ボーン・テイラー : 1,495 ( 0 - 6 - 3,440 )
36 ( 29 ) ロリー・マッキロイ : 1,489 ( 1 - 5 - 3,446 )
37 ( 31 ) ブラント・スネデカー : 1,470 ( 0 - 5 - 3,465 )
38 ( 35 ) スチュワート・シンク : 1,448 ( 0 - 3 - 3,487 )
39 ( 44 ) イアン・ポールター : 1,396 ( 1 - 2 - 3,539 )
40 ( 39 ) カール・ペターソン : 1,332 ( 1 - 4 - 3,603 )
41 ( 34 ) アンソニー・キム : 1,328 ( 1 - 4 - 3,607 )
42 ( 51 ) タイガー・ウッズ : 1,300 ( 0 - 2 - 3,635 )
43 ( 48 ) トム・ギリス : 1,276 ( 0 - 3 - 3,659 )
44 ( 57 ) マーク・リーシュマン : 1,268 ( 0 - 2 - 3,667 )
45 ( 53 ) マイケル・シム : 1,244 ( 0 - 3 - 3,691 )
46 ( 42 ) ヒース・スローカム : 1,222 ( 0 - 4 - 3,713 )
47 ( 50 ) ショーン・オヘア : 1,206 ( 0 - 3 - 3,729 )
48 ( 45 ) ロリー・サバティーニ : 1,197 ( 0 - 3 - 3,738 )
49 ( 36 ) D.J.トレハン : 1,195 ( 0 - 6 - 3,740 )
50 ( 38 ) ジョン・センデン : 1,192 ( 0 - 1 - 3,743 )


タイガーは最終日、3日目に延ばして15位タイでフィニッシュするも42位まで上がるのが精一杯。トップ30には進出できず、プレーオフが始まって以来初の敗退となりました(自主的に出場しなかった試合はある)。フォールシーズンの試合に出場することは考えられず、またWGC HSBC選手権を優勝したとしてもPGAツアー主催の大会ではないため、1996年のデビュー以来、PGAツアーで年間未勝利に終わるのは今年が初めて。残念。


また、期待の新人でライダーカップの米国チームにも選ばれているリッキー・ファウラーはBMW選手権の最終日最終ホールでハザードに入れてボギーとしてしまい最終戦進出を逃しています。また、同じく期待の若手ロリー・マッキロイはプレーオフ3戦で全くいいところなく(56位タイ、37位タイ、37位タイ)最終戦に駒を進めることなく敗退。ライダーカップは万全の状態で挑めるのか・・・。


逆に、第3戦で意地を見せて最終戦の切符を手にしたのは...


カミロ・ビジェガス(11位タイ):33→25位
ケビン・ナ(3位タイ):41→20位
崔 京周(3位タイ):52→23位
ライアン・ムーア(3位タイ):58→26位


ムーアは最終日最終組で回り、スコアは落としたもののトップ30に踏みとどまり、ツアー選手権初出場を果たしました。ビジェガスも2年前のこの試合を勝っていて怖い存在。プレーオフが始まった時点で100位以下(第2戦出場が確約されていなかった選手)にいた選手で唯一最終戦に駒を進めたのがケビン・ストリールマン。こちらも最終戦初出場となります。


あと一つ、この表を見てもご覧の通り、優勝した選手でもトップ30には居残れない可能性があり、(ポイントの高い)WGCを勝っているイアン・ポールターでさえトップ30外でプレーオフ敗退。逆にポール・ケイシーのように優勝をしていなくても、コンスタントに成績を残している選手は最後まで残れるシステムであることが改めて証明されました。「年間」のチャンピオンを決める上でこのシステムは非常にフェアであり、徐々に定着してきている気がします。


第3戦終了時点でこれまでのFedEx Cupポイントは一度リセットされ、最終戦に進出する30名がランキングに応じて再度ポイントが振り分けられます。そのランキングがこちら。


■最新FedEx Cupポイントランキング(最終戦リセットポイント)
※順位 選手:PT数(トップとの差)
1 マット・クーチャー : 2,500
2 ダスティン・ジョンソン : 2,250 (250)
3 チャーリー・ホフマン : 2,000 (500)
4 スティーブ・ストリッカー : 1,800 (700)
5 ポール・ケイシー : 1,600 (900)
6 ジェイソン・デイ : 1,400 (1100)
7 ルーク・ドナルド : 1,200 (1300)
8 アーニー・エルス : 1,000 (1500)
9 マーティン・レアード : 800 (1700)
10 フィル・ミケルソン : 600 (1900)
11 ジム・フューリック : 480 (2020)
12 ジェフ・オギルビー : 460 (2040)
13 ジャスティン・ローズ : 440 (2060)
14 アダム・スコット : 420 (2080)
15 ハンター・メイハン : 400 (2100)
16 ライアン・パーマー : 380 (2120)
17 レティーフ・グーセン : 360 (2140)
18 ババ・ワトソン : 340 (2160)
19 ザック・ジョンソン : 320 (2180)
20 ケビン・ナ : 310 (2190)
21 ティム・クラーク : 300 (2200)
22 ベン・クレイン : 290 (2210)
23 崔 京周 : 280 (2220)
24 ジェフ・オバートン : 270 (2230)
25 カミロ・ビジェガス : 260 (2240)
26 ライアン・ムーア : 250 (2250)
27 ロバート・アレンビー : 240 (2260)
28 ニック・ワトニー : 230 (2270)
29 ケビン・ストリールマン : 220 (2280)
30 ボー・バン・ペルト : 210 (2290)


上位5名は優勝すればFedEx Cupチャンピオンになる権利を持っていて、残りの選手は仮に優勝しても上位選手の動向に左右されてしまいます。


やはり来週の注目はスティーブ・ストリッカー。プレーオフ制度が始まって以来、15試合でトップ10が10回、9月に入り驚異的な安定感を見せています。もちろん、今年最もブレークした感のあるクーチャー、D.ジョンソンも上位争いの常連で、最終戦はおもしろい試合になりそうです。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com