ザ・ツアー選手権事前(1):出場する30名&プレーオフ成績データ

FedEx Cupプレーオフのクライマックスは来週の「ザ・ツアー選手権」。今週は比較的静かな1週間。


とりあえず最終戦に出場する30名をおさらいしておきましょう。

順位選手名(プレーオフ最初の3戦の成績)FedEx Cupポイント
1.タイガー・ウッズ(2位タイ⇒11位タイ⇒優勝)/2,500
2.スティーブ・ストリッカー(2位タイ⇒優勝⇒53位タイ)/2,250
3.ジム・フューリック(15位タイ⇒8位タイ⇒2位タイ)/2,000
4.ザック・ジョンソン(28位タイ⇒19位タイ⇒5位)/1,800
5.ヒース・スローカム(優勝⇒予選落ち⇒38位タイ)/1,600
6.パドレイグ・ハリントン(2位タイ⇒4位タイ⇒6位タイ)/1,400
7.ショーン・オヘア(予選落ち⇒8位タイ⇒4位)/1,200
8.スコット・バープランク(9位タイ⇒2位タイ⇒38位タイ)/1,000
9.ケニー・ペリー(52位タイ⇒48位タイ⇒45位タイ)/800
10.ジェイソン・ダフナー(予選落ち⇒2位タイ⇒30位タイ)/600
11.ダスティン・ジョンソン(15位タイ⇒4位タイ⇒30位タイ)/480
12. ニック・ワトニー(6位タイ⇒46位タイ⇒30位タイ)/460
13.ジェフ・オギルビー(予選落ち⇒7位⇒55位タイ)/440
14.フィル・ミケルソン(52位タイ⇒27位タイ⇒30位タイ)/420
15.レティーフ・グーセン(70位タイ⇒8位タイ⇒23位タイ)/400
16.マーク・リーシュマン(予選落ち⇒15位タイ⇒2位タイ)/380
17.ブライアン・ゲイ(12位タイ⇒54位タイ⇒55位タイ)/360
18.ケビン・ナ(24位タイ⇒11位タイ⇒8位タイ)/340
19.デビッド・トムズ(31位タイ⇒36位タイ⇒23位タイ)/320
20.ルーカス・グローバー(予選落ち⇒36位タイ⇒66位)/310
21.Y.E.ヤン(20位タイ⇒67位⇒65位)/300
22.アーニー・エルス(2位タイ⇒予選落ち⇒38位タイ)/290
23.ハンター・メイハン(20位タイ⇒36位タイ⇒38位タイ)/280
24.アンヘル・カブレラ(予選落ち⇒4位タイ⇒45位タイ)/270
25.スティーブ・マリーノ(15位タイ⇒27位タイ⇒18位タイ)/260
26.スチュワート・シンク(28位タイ⇒予選落ち⇒23位タイ)/250
27.マイク・ウィア(31位タイ⇒23位タイ⇒20位タイ)/240
28.ルーク・ドナルド(31位タイ⇒54位タイ⇒10位タイ)/230
29.ジェリー・ケリー(52位タイ⇒11位タイ⇒49位タイ)/220
30.ジョン・センデン(64位タイ⇒11位タイ⇒20位タイ)/210


=====================================


ちなみに、こちらがザ・ツアー選手権でのポイント分配表。


=====================================
順位/ポイント
1.  2,500
2.  1,500
3.   950
4.  675
5.  550
6.  500
7.  450
8.  425
9.  400
10.  375
11.  350
12.  325
13.  300
14.  285
15.  280
16.  275
17.  270
18.  265
19.  260
20.  255
21.  250
22.  245
23.  240
24.  235
25.  230
26.  225
27.  220
28.  215
29.  210
30.  205
=====================================


なるほど、こういう分配方法だから上位5名のいずれかが「優勝すれば」自動的にプレーオフ覇者になるわけですね。例えば、5位のスローカムが優勝したら合計4,100ポイントとなり、1位のタイガーが2位に入ったとしても4,000ポイントで届かないようになっているんですね。


ということは・・・


1位のタイガーを中心に考えるとしましょう。30名のフィールドでタイガーは恐らく最悪でもトップ10、いや、7位に入ってくるでしょう(仮定)。


そうすると、タイガーの合計獲得ポイントは2,950(タイがあればもう少し低くなる)。となると、今の時点で450ポイント以下の選手に総合優勝の可能性は残されていません。ちなみに、現在450ポイント以上は12位(ニック・ワトニー)以上の選手。実質12名による勝負、というような見方もできます。これはタイガーを中心に考えなくても、フューリックでもストリッカーでも同じ計算の仕方ができます。


とはいっても、タイガーが7位以内に入る確約などどこにもなく、ジャック・ニクラウスが1983年の全米プロ選手権(最終日6打差を1打及ばずハル・サットンに惜敗)の後に言ったように、


「ゴルフは最後の一打でボールがカップに入るまで、何が起きるかわからないスポーツ」


です。どこかでブレント・スネデカーも頷いていることでしょう。


同じスコアになった場合はどのようにスコアが分配されるのか?そちらはこちらの表の通りです。


fedexcuppoint0916.JPG


タイガーが有利なポジションにいることは間違いないのですが、脅かす存在としてはやはりプレーオフの3戦で尻上がりに順位を上げきている選手でしょう。ハリントン、オヘア、フューリック・・・あたりが最右翼でしょうか。ミケルソンあたりは順位的にも、最近の調子からみても難しそうですね。


=====================================
【関連商品】
iconicon
ザ・ツアー選手権フラッグicon


iconicon
タイトリスト ニューPRO V1X 09icon
=====================================

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com