ザ・ツアー選手権最終日:フューリック、39ドル(4250円)のパターで1,130万ドル(9.6億円)のパットを沈めた男

FedEx Cupプレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権」最終日は大雨の中、ジム・フューリックが辛くも逃げ切って優勝。ポイントランキング11位でスタートしたフューリックは念願の最終戦タイトルと共に、第4回のFedEx Cup年間タイトルをダブル獲得。最終ラウンドのバックナインに入った時点でも6名が年間チャンピオンになる可能性を残していて、プレーオフシステムのポイント制度が如何に複雑なものかを証明した大会でもありました(しばらくはポイント計算したくないですね・・・w)


フューリックはこの勝利で世界ランキングも5位に浮上。今週のライダーカップを最高の形で迎えることになりました。


FedEx Cupプレーオフ関連のニュースはこちら


jimfuryk20100927.jpg
photo: zimbio.com


プレーオフ初戦のザ・バークレイズをプロアマを寝坊し失格となったフューリック。予定していなかったオフの時間をパットの練習に充てそうなのですが、それでも納得のいくパッティングができていなかったのだとか。そこで、第2戦ドイツバンク選手権からは「ベリーパター」でプレーすることを決意したそうなのです。


それでもドイツバンクの最初の3ラウンドは30→31→28パットと全く効果が出ず、その日のラウンド後にTPCボストン近くの中古ショップに立ち寄ったとのこと。


「一番シンプルな形で、ヒールシャフトのパターを探していた。そのショップには300本くらいパターが並んでいて、初めて見た時は正直見た目はあまりよくないなーと思っていた。でも日に日にハンサムなパターになってるよ」


とフューリック。


フューリックが選んだのはYes!Golf ソフィアパターicon。値段は65ドル(約5525円)。しかし、フューリックと気付いた店員が39ドル(4250円)に値引いてくれたのだとか。「俺は値切ってないよ、本当に。交換条件なしだよ(笑)。運命だったのかな・・・」とのこと。


ドイツバンク最終日のパット数は27。そして、グリーンが遅く多くの選手がパッティングで苦戦する中、フューリックは31→26→27→26(平均27.5)と平均パット数は全体の9位タイ。同じパターで挑んだ最終戦は平均パット数29.0(10位タイ)。最終ラウンド、大雨で遅くなるグリーンにうまく対応してくれたのもこのパターでした。


今大会でフューリックはFedEx Cup年間チャンピオンとして1,000万ドル、そしてザ・ツアー選手権の優勝賞金130万ドルを獲得。計1,130万ドル、約9.6億円。なんと効率的な自己投資!


そしてフューリック以外に喜んでいる人たちがいます。そう、このパターを売った中古ショップ「Joe & Leigh's(ジョー&リーズ)」。TPCボストンの近くにあるPine Oaks Golf Clubというパブリックコースに隣接した大型ショップのようです。ショップのHPには早速更新されていて、


furykgolfshop0927.png
via Pine Oaks Golf Club


ジョー&リーズに来店、中古のYESパターを購入したジム・フューリック。そしてイーストレイクで使ってFedEx Cupの1000万ドルを獲得!ショップ一同応援していました!すごくナイスガイでした!


と写真と共に更新されています。フューリックも優勝後のインタビューでパターの話になった際、御礼のために店の名前を言おうとしたのですが思い出せず。その後の優勝記者会見で「ジョー&リーズ」ではないかと言われ、


「ジョー&リーズ、それだ。さっき思い出せなくて悪いことをしてしまった。テレビで言って集客にも繋がったかもしれなかったのに、思い出せなかった・・・。


「グリーンが遅くてパットで苦しんでいた(BMW選手権で)試してみたらタッチが合った。ここではグリーンは速かったけど感触は良かった。(ライダーカップにも)連れて行く。使うことになるだろう。レティーフ・グーセンが全米オープンを勝った時に使っていたYes!パター。同じ型ではないかけど、同じメーカー。


「これにした理由は、正直、ヒールシャフトのもので気に入ったのがこれしかなかったから。ヘッドがもっと大きいものや、マレットタイプのヒールシャフト、ニック・ファルドが全盛期に使っていたような形のものはあったけどラインが入っていたりして、俺はヒールシャフトでなるべくシンプルなものを探していた」


とフューリック。


プレーオフ初戦を寝坊→失格になったフューリックが最終的にチャンピオンになってしまったこと自体驚きですが、4000円の中古パターが96億を呼び込んでしまうとは・・・。もちろんパターだけではないですが、大一番の最後を決めるのはパッティング。


Putt is Money


とはよく言いますが、今回ばかりは


Putt(er) is Money


パターは買え(選べ)


ということなのかなぁ。パッティングのタッチは人それぞれの「感覚」なので、高ければ良いというものではなく、とにかくたくさん試すべき、ということなのでしょうか。


【関連商品】
iconicon
Yes!Golf ソフィアパターicon

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com