ザ・ツアー選手権最終日速報:15ホールで12アンダー!ワトニーの驚異的な追い上げ

FedEx Cupプレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権」の最終日。今大会のここまでのベストスコア「63」を先日の第3ラウンドで叩き出したニック・ワトニー。


ワトニーの勢いが最終日に入っても続いています!


FedEx Cupプレーオフ関連のニュースはこちら

nickwatney0927.jpg
photo: zimbio.com


昨日、アウトの後半からまるで別人のようなゴルフを展開したワトニー。そこまで通算7オーバーで下位に沈んでいたのですが、8、9番を連続バーディとすると、後半を7バーディ、ノーボギーで回りインのコースレコードとなる「28」でホールアウトしています。


そして、最終日も出だしの1番でも2打目を2メートル以内につけてバーディ。4番ホールを終えた時点で今日3アンダーと上位陣を猛追しています。


ワトニーのスコアカードはこちら。


nickwatney0927.png
via pgatour.com


現在、ワトニーは通算5アンダーで、なんと、首位に2打まで迫っています。ちなみに、昨日の3日目の5番をボギーを叩き通算7オーバーとした時、その時首位だったルーク・ドナルドは9アンダー。16打差を一日も経たないうちに追い付くところまで来ています。他の選手たちの動向に左右されますが、現在ポイントランキング28位のワトニーも優勝すれば年間チャンピオンになれる可能性は残っています。


ワトニーと言えばアメリカの若手選手の一人で、今年の全米プロ選手権では最終日トップで迎えたもののプレッシャーにつぶされてしまい「81」の大叩きで自滅していましました。


今回舞台となっているイーストレイクGCは何よりもフェアウェイキープ、そしてパーオンをしないとバーディはほぼ不可能なコース。ここまででワトニーはフェアウェイキープが全体の16位タイ(45.8%)ですが2打目以降の精度が高く、パーオン率は全体の2位(73.8%)。


ワトニーは爆発的なスコアを出した過去もあり、パーオンしていくプレーを続けることができれば今週も逆転優勝が見られるかもしれません・・・。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com