グリーンブライヤー・クラシック開催コースは日本の「軽井沢」?いや、もっと深い場所・・・

今週のPGAツアー開催コース「グリーンブライヤー・リゾート」に関する豆知識、ちょっと興味深かったので紹介しておきます。

Greenbriarclassic0730.jpg
photo: fatguygolf


グリーンブライヤー・リゾートはウェストヴァージニア州ホワイト・サルファー・スプリングスという小さな街に位置していて、アメリカ東部のウェストバージニア州とヴァージニア州のちょうど県境にある山岳の狭間にあります。このリゾートにはコースが3つあり、そのうちの一つ「オールド・ホワイトコース」が今週の大会の舞台となっています。


古くはサム・スニード、最近ではトム・ワトソンらもプレーしにくるほど美しいコースで、全体を見渡してもトリッキーなセッティングは少なく「伝統的なレイアウトジム・フューリック)」のようです。ただ、如何せん奥地にあるためアクセスが悪くトーナメントコースには採用されておらず、今回は1994年のソルハイム・カップ(女子ゴルフのライダーカップ)以来のビッグトーナメント開催とのこと。


このリゾートの歴史は古く、1778年に建てられ「アメリカのリゾート」としても知られているほど。日本で言う軽井沢のような場所でしょうか。歴代のアメリカ大統領が必ずといっていいほど訪れるリゾートで、ドワイト・アイゼンハワー(1953〜61年在任)からジョージ・W・ブッシュまでの歴代大統領全員がこの地を訪れラウンドをしているそうです。ゴルフ狂のオバマ大統領もそのうち来ることでしょう。


greenbrierresort0730.jpg
photo: News About BBQ


それっぽい・・・。映画に出てきそうな。


さらにもう一つ面白かったのは、リゾートの観光スポットの一つとして設けられている「The Bunker」という施設。


greebrierdoors20100730.jpg
photo: The Blog Below


ゴルフ場のバンカーではなく、アメリカ連邦議会両議員の「緊急避難所」として1959年から3年間かけて作られた場所なのです。テロなどによってホワイトハウスが狙われた場合に、議員たちが真っ先に逃げ込める場所として使われていたとのことで、この中には食堂から病院まで、様々な施設が入っていたそうなのです。このザ・バンカーは1992年まで使われていたのですが、公の情報になって以来、観光名所の一つとして活用されているのだとか。


greenbrierpress0730.jpg
photo: The Blog Below


こちらはプレスルームですね。国民に向けて大統領や政府幹部が声明文を出したりするところ。


すごいな、グリーンブライヤー。


まるで「24」の世界。


・・・と全くゴルフとは関係のない話題でした!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com