「規格外のドラコン王」サドラウスキーがネイションワイドツアー予選突破!

今週のFedEx Cupプレーオフ第3戦が注目されていますが、ここでちょっと地味なネタを。


2008年、09年の世界ドラコン王に輝いた23歳ジェイミー・サドラウスキーという選手が今週のネイションワイドツアー「アルバートソン・ボイジーオープン」に急遽スポット参戦。「ドラコンとプロの試合は全くの別物」と言われる中で果敢に初挑戦したサドラウスキーが、なんと、第2ラウンドに5アンダー「65」を叩き出し57位タイで予選を突破したそうなのです。1985年、ドラコンキングになったデニス・ポールソンがPGAツアーへと転向しましたが、それ以来、ドラコン競技からPGAツアーに移って成功した選手は出てきていません。


世界ドラコン王なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、この人のスイング、やばいことになってます。

今週、サドラウスキーは分刻みのスケジュールを送っているようで、月曜日にはジョン・デイリーとの9ホールのチャリティスキンズマッチ、火曜日午前にはジェイソン・ゴアとラウンド、午後には本戦に向けたパッティングの練習。普段はエキシビションなどに出演しているため、ドライバー以外練習する時間がほとんどなく、「最後にまともにラウンドしたのは16歳の頃」とのこと。


これまでに、ネイションワイドツアーは話題集めのために元メジャーリーガーやNFL選手を推薦枠で招聘してきましたがことごとく滑ってきました。いろんな意味でプレッシャーのかかる中での予選突破は立派ですね。


ちなみに、サドラウスキーのヘッドスピードは65.7。予選ラウンドの平均ドライビングディスタンスは、なんと、359.5ヤード!もちろん、出場選手中トップ。


しかし、FWキープ率が46.4%(全体69位タイ)。きっとコース設計上、サドラウスキーが落とすところはフェアウェイがない(狭くなっている)ところということなのかもしれませんがw。


サドラウスキーは身長180cm、体重74kgと決して大柄な選手ではありません。


ただですね、この動画で見せる捻転力、はんぱじゃないです!



29インチのドライバーで400ヤード越え。ティアップしたボールをパターで300ヤード越え。全てが規格外!


今週の大会終了後はしばらく休養し、11月初旬には昨年準決勝で破れた世界ドラコン選手権に挑むそうです。


その前に残り2日でどこまで上位に進出できるのか楽しみです!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com