ジョン・デイリーJr.誕生!オバートン、飲酒にまつわるトラブルで逮捕&告訴

ツアー6年目でまだ未勝利も昨年のライダーカップチームに選出されるなどツアーでも注目される存在に成長したジェフ・オバートン(28)が10日、地元インディアナ大学付近で乗っていたリムジンの助手席から公道の人に向かって叫び、警察の尋問を拒否したとして軽犯罪で逮捕されたとのこと。3つの異なる軽犯罪で近く告訴されるそうです。


過去にも飲酒によるトラブルを3度も起こしているオバートン(2度は未成年飲酒、2007年は公共の場で泥酔)。逮捕された同日に500ドルの保釈金を払い釈放されたとのこと。


飲酒トラブルは一度癖になったら抜けられないのでしょうか・・・。

インディアナ州のエバンズビル・カリアー・プレス紙によると、オバートンは9日夜、出身校のインディア大の男子バスケットボールの試合を観戦。試合のハーフタイムには大学ゴルファー育成(Play Golf America Universityプログラム)のために50,000ドルを寄付していました。


警察の話によると、オバートンは試合の前日、リムジンの助手席から大学街の通行人に叫び続けていたのだとか。オバートンが乗っていたリムジンは飲み屋(バー)の前に止まり、通行を妨害。警察は通行を妨げていることを注意すると、運転手は知人を待っていると言い車を動かさなかったそうです。


その後、リムジンは自ら地元の警察署の横につけ、オバートンが再び窓から通行人に向かって叫びはじめたのだとか。見かねた警察はリムジンを呼び止め、オバートンに身分証明を出すよう命じ、リムジンから出てくるように言ったとのこと。拒否し続けたオバートンですが、最後は引きずり出され、地面に押さえつけられ逮捕。


警察はオバートンの態度は「攻撃的」で、「酒の臭いがして、目もうつろで、ろれつも回っていなかった」とのこと。さらに、逮捕されそうになっていたところ、オバートンは抵抗し逃げようとして、周囲の歩行人に叫んでいたそうです。最後まで身分証明を出すことを抵抗し、結果的には公務執行妨害、公共の場での泥酔、治安びん乱行為の3つの罪で逮捕されました。


オバートンは


「俺の権利が迫害された。自分のリムジンの中にいて、引きずり出された。それ以外は弁護士を通してコメントさせる」


と主張。


ちなみに、逮捕された時のオバートンの顔がこちら。


overton20111216.jpg
photo: Evansville Courier & Press


完全にイッチャッてるじゃないデすカ・・・。最初の公判は2012年1月31日に行われるそうです。


警察が発表するこの手の届け(レポート)は大概の場合、実際に起こったことの半分くらいの程度でしか書かれていないことが多いので、よほど酷かったのでしょうね。PGAツアーからは何かしらの罰則が与えられるのか?あったとしても、個々の選手のトラブルにはツアー側からは公にコメントしないですからね・・・。


今回の事件で思い出したのが、以前、PGAツアーの公式コンテンツで公開されているオバートンプロフィール動画。この動画の中で友人らと(酒らしいものを飲みながら)リムジンに乗って移動するシーンもありました。3:40あたりからですね。



恐らく今回もこんなノリの延長だったのでしょう。バスケの試合も白熱し、名門ケンタッキー大(全米No.1)にも勝ったこともあって、酒も進んで、押さえきれなかったのでしょうね。


オバートンといえば、ライダーカップの「Boom Baby」。



こんなのが街中で叫んでたら、そりゃ警察も出てきますよね。


それにしても、卒業して何年経っても出身校を基点に活動、しかも決して裕福な生活をしていない学生たちの街をリムジン乗り回すってどんだけ子供なんだ・・・。


ゴルフ部の後輩からすればやりにくくてしかたないだろうな(でもいましたよね、こういううっとうしい先輩w)


でもおバカですよね、将来のゴルフのために50,000ドル寄付にしいった帰りに、保釈金まで払うなんて。


オバートンのコース内外での態度はあまり評判よくないですが、個人的にはこのアグレッシブな感じのスタイルは好きなので、精神科医にでも通ってお酒から離れて戻ってきてほしいですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com