PGAツアー、「タバコ」が禁止薬物!?

これまたビックリニュース。


Golfweekの報道によると、運動能力向上薬の検査、取締まりを行っている世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は先日、新たに禁止薬物としての可能性があるリストに「ニコチン」を加えたことを発表。


このままだと、あの人のトレードマークが・・・。

WADAの研究によると、直近で43種類のプロアスリートが「タバコ」を使用し始めていることに着目し、来年からその効能、副作用などを本格的に調査し始めるとのこと。米PGAツアーは2008年から抜き打ちで薬物テストをスタート。WADAが毎年発表している禁止薬物リストに概ね従っているため、もし「ニコチン」がNGと判断されればPGAツアーもそうなる可能性もある。


ただ、急にどうこうなるという話ではないようです。


「WADAがニコチンを一覧に加えたら、PGAツアーとしてはその時点で改めて確認し、禁止薬物リストに加えられるべきかを検討する。ただし、そのような変更が迫っているとは思っていない」


とPGAツアー取締役副社長のタイ・ボータウ氏。


PGAツアーには愛煙者は多く、有名なところで言うと


この人も・・・
darrenclarke20110921.jpg
photo: Y! Sports


この人も・・・
johndaly20110921.jpg
photo: golfweek


この人なんか葉巻がなかったら誰か分からないですからw(言い過ぎか...)
majimenez20110921.jpg
photo: Robert Fagan


メジャーリーグの試合を見ていると選手も監督もガムみたいなものをクチャクチャ噛んでペッと唾を吐くシーンをよく見ますが、あれはチューイングタバコ、無煙タバコですね。ルーカス・グローバーも愛用しています。


反対意見としては、


「それをやるなら、『飲酒』も取り締まるべきだろうな。ニコチン同様、アルコールも薬物。もっと極端なことを言うと、カフェインも興奮剤だからね」


とグローバー。たしかに。。。


でも、葉巻なしのヒメネスなんてヒメネスじゃない・・・そんな世の中にはなってほしくないなぁw


本当に禁止薬物になれば、困る選手は大勢いそうですね。日本ツアーの方がもっと多そうですが・・・ (- 。-)y 。o 0

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com