ケンカするなょ...ビジェイの幼稚すぎる「緩い」発言

少し前の話になるが、元世界No.1ビジェイ・シンと英国を代表するゴルファー、ポール・ケーシーの間が「口論」が勃発した。全米オープンを控え、ビジェイがケーシーらイギリス人選手たちは「緩い」と言い、勝利への執着心がないことを指摘した。これにケーシーが噛み付いた。

paulcasey.jpg
photo: flickr@pocketwiley ポール・ケーシー(右)。左は同国のルーク・ドナルド


タイガー・ウッズが戦線離脱を強いられ、ケーシーのような若手(20代後半)の世代にとっては今年の残り2つのメジャーは大きなチャンス。ケーシー自身、現時点ではライダーカップの欧州チーム入りがきわどいだけに、ビッグトーナメントで結果を残したいところ。


そのタイミングでの発言にケーシーは黙っていなかった。


怒りのコメント、ノーカットでお楽しみください♪


俺は怒ってるよ。彼は俺が何をやっているか知らないのに、よくそんなことが言えたもんだな。俺は、ジャスティン・ローズ、ルーク・ドナルドイアン・ポールターのようによく知っている奴らに関してだけ代弁できるけど、俺らは全員すごく努力しているし、ビジェイがそういうことを言うのはフェアじゃない。何なら俺と一緒にジムでワークアウトして、俺のメニューについてこれるかやってみて欲しいね。


「彼は俺ら(イギリス人)を知らないし、彼の言葉には何の根拠もない。そりゃ、俺らの中でまだ誰もメジャー優勝を果たせていないこと、希望通りの結果が出ていないことにはイライラしている。でも、それは努力を欠いているからではない。一つのきっかけがあれば、もっと勝てると信じている。」


「俺はタイガー・ウッズがオフの日に何をしているのかは知らない。でもケガをする前、大会の会場で見かけた時は、午後1時には帰っていた。だからといって、『タイガーは努力しない』なんて1秒たりとも思ったことはない。」


ビジェイは一日中、練習場にいることで知られている。でもゴルフには3つの側面がある。体調管理、技術、メンタル。3つ全てを練習場で鍛えることはできないんだよ。もし俺を練習場で見かけなければ、技術以外の何かに取り組んでいるんだろう。朝の9時から午後5時まで練習場にいないからといって、そいつが努力していないという訳ではない。


「試合に出ていない週は、大体6時には起きて朝食を取り、7時から9時くらいまではジムでパーソナルトレーナーと一緒に筋トレのメニューを考えてワークアウトしてるよ。軽食を取ったあと、10時にはゴルフ場について、コーチのピーター・コスティスにスウィングや技術的なものを見てもらっている。それが2時間、2時間半くらい、昼食まで続くんだ。」


「昼食の後は、ショートゲームとパッティング。もし特定の大会に向けた準備であれば、そのコースを攻略するために必要なショットを練習し、修正している。場合によっては数ホールプレーすることもある。4時までには終わるようにして、その後、俺はサイクリングに出る。」


ケーシー・・・怒ってますねww 


そりゃ、公の場で自分だけならまだしも、自分の国の国民性を疑われるような発言なら、仕方ないですよね。そもそも、ビジェイはどうしてそういう軽率な発言をしてしまったのだろうか。ケンカするなとは言いたいけど、仮にそんなことを思っていても口に出すものではない。ましてや元世界No.1の「プロ」なんだから。


でもこの二人、いずれはどこかの大会で同じ組になるんだろうなぁ・・・。その時は、ビジェイに一言「悪かった」と謝ってほしい。


プロは子供やアマチュアの「鏡」なのだから。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com