今週のPGAツアー:最終戦は豪華な顔ぶれ

今週のPGAツアーはフォールシリーズの最終戦「チルドレンズ・ミラクル・ネットワーク・クラシック」。来季のツアー出場権はこの試合を終えた時点での賞金ランキング上位125名に与えられる。


カットライン近辺にいる選手たちは目の色を変えて挑んでくるだろう。125位以下にはPGAツアーの常連選手が多く、デビッド・トムズ(128位)、ジェイソン・ゴア(136位)、クリス・ディマルコ(144位)などもいる。

それにしても最終戦にしては豪華な顔ぶれが揃う。過去のメジャーチャンピオンが9名、今年優勝している選手が15名、賞金ランキングトップ30内の選手が8名と、この時期にしては粒ぞろいだ。


その理由は「もう一つ」の戦いにある。それは賞金ランキングトップ30に与えられる来年のマスターズ・トーナメント出場権だ。例えば、ブライアン・ゲイ(30位)は今季マヤコバ・ゴルフ・クラシックを優勝していて、本来であれば前年度のツアー優勝者にはマスターズ出場権があるのだが、この大会はWGCの「裏」開催の大会でマスターズの「前年度優勝」規程から外れている。ゲイ以外にもダドリー・ハート(28位)、ウッディー・オースティン(33位)、ブリニー・ベアード(36位)もこれに該当する。ちなみに、今田竜二は現在ランキング13位、今季1勝しているため来年の4大メジャー大会の出場権は得ている。


booweekley1105.jpg
photo: flickr@slimmcfatty


今週の出場選手の中でも注目はブー・ウィークリー。ライダーカップで見せた勝負強さは本物。地元フロリダの大会でもあり、「子供」のような幼心を持つブーがディズニーワールドリゾートの大会優勝者に最も相応しいのでは。


そして、以前も紹介したオーストラリアのジェイソン・デイ。「タイガーをNo.1から引き摺り下ろす」と豪語した若武者は手首の怪我などもあり今季は有限実行できていない。現在、賞金ランキング138位。昨年のネイションワイドツアー(2部ツアー)のチャンピオンが来季以降もトップツアーに残れるのか...。泣いても笑ってもこれが最後のチャンス。全てを振り絞ってくるだろう。


☆今週の出場選手☆
■賞金ランキング上位30位以内
スチュワート・シンク(9)
ジャスティン・レナード(10)
ロバート・アレンビー(11)
カール・ペターソン(21)
ブー・ウィークリー(25)
スティーブン・エイムズ(27)
ダドリー・ハート(28)
ブライアン・ゲイ(30)

■2008年大会優勝者
ダニエル・チョプラ
ブライアン・ゲイ
スティーブ・ラウリー
マーク・ターネサ
ザック・ジョンソン
カール・ペターソン
リチャード・S・ジョンソン
J.B.ホームズ
ウィル・マッケンジー
キャメロン・ベックマン
ブー・ウィークリー
グレッグ・クラフト
スチュワート・シンク
ジャスティン・レナード
ライアン・パーマー


■歴代メジャーチャンピオン
リッチ・ビーム
トッド・ハミルトン
リー・ジャンセン
デービス・ラブIII
ボブ・トゥエー
ザック・ジョンソン
ジャスティン・レナード
フレッド・カプルス
スティーブ・エルキントン

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com