ビュイック・オープン:丸山茂樹、復活の予感

全米女子オープン」の裏開催で、且つタイガー・ウッズの大事なスポンサー(ビュイック)の大会で主賓が不在とあって少し話題性に欠けている米国男子ツアー「ビュイック・オープン」。そんな中、日本人で唯一出場している丸山茂樹が初日6アンダーと好スタートを切った。

Top.jpg
photo: GDO


今年はPGAツアーの大会に14試合出場して予選を通過したのが7回、ベストは年明け初戦「ソニー・オープン in ハワイ」での25位。それ以降は肩の痛みで途中棄権や予選落ちが続き、スマリングアサッシン(Smiling Assasin = 笑顔の暗殺者)も封印されていた。


このビュイック・オープン初日では、インスタートでボギーでスコアを一つ落とすも、その後は怒濤のバーディラッシュ。後半は5バーディと文句の付けどころのない内容で6位タイにつけてホールアウトした。


米ツアーでは3勝しているものの、それは一昔前の話。今年一躍台頭した今田竜二の影に潜んでしまっている。ここらでツアー屈指のシャープなアイアンプレーとショートゲームでスコアをまとめ、上位争い加わって欲しいものだ!


>関連リンク
PGAツアー「ビュイック・オープン」のリアルタイムスコアはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com