今田竜二、タイガーなき「タイガー・インビテーショナル」で今年こそトップを!

"This is the Tiger Woods Invitational, isn't it?"


「これってタイガー・インビテーショナルでしょ?」・・・昨年のビュイック・インビテーショナル最終日、今田竜二が発した一言。タイガー・ウッズのスポンサー(当時)の大会で、タイガーが得意とするトーレーパインズで、タイガーの強さだけが目立った4日間。2位以下に8打差をつけての圧勝劇。今田はこう付け加えた。

imada0204.jpgのサムネール画像
photo: daylife.com


"Everybody's playing for second place."


「タイガーは放っておこう。みんなで2位を決めようではないか」といったニュアンスが含まれていたのだろう。そして、見事、今田は最終ラウンドで猛チャージをかけてその争いに勝利、ある意味「優勝」した。単独2位に入り、2008年のシーズンに弾みをつけた。


そのラウンド後の今田のインタビューがこちら。
※PGAツアーのサイトにリンクします。


imada0203.JPG


その4連覇中のタイガーは今年は欠場。今田を含め、その他大勢にビッグタイトルを奪取できるチャンスが回ってきた。ある意味、昨年の「ディフェンディング(2位)チャンピオン」として、優勝候補の一人として名前も挙がっている。


今田と共に、今週注目したいのはルーク・ドナルド。昨年は全米オープン後、手首の手術に踏み切りシーズン後半を棒に振った。復帰初戦のソニー・オープンinハワイの初日にいきなり「67」の好スタートを切り、2戦連続トップ25入りを果たしている。そして何よりこの大会(コース)では好成績を残していて、2004、05年と2年連続で2位に入っている。試合勘が戻っていてもいい頃で、タイガー不在の今年は一発があってもおかしくない。


他には、昨年、同じトーレーパインズの舞台で開催された全米オープンでタイガーと歴史に残る名勝負を演じたロコ・メディエイトも注目選手の一人。最近、名前を見ないな~と思っていたら、先週のFBRオープンでは3日目を終えて13位と優勝圏内にいた(最終日75を叩き脱落)。


あとはフィル・ミケルソン先週の酷いプレーからどこまで戻してくるのか...。こちらも注目ですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com