石川遼と同組「ブレンドン・デヨング」ってすごい記録の持ち主

石川遼の「ノーザントラスト・オープン」初日は日本時間20日午前1:45にスタート予定。同組の選手は2名。1名はまだ未定だが、もう一人はジンバブエ出身のブレンドン・デヨング


「誰、それ?」と思われる方も多いかと。僕は知りませんでした。ということで調べてみました。

dejonge0218.jpg
photo: River Course of Virginia


■ブレンドン・デヨング(Bredon de Jong)
身長:180 cm
体重:102 kg
プロ転向:2003年
出身:ハラレ(ジンバブエ)
大学:バージニア工科大学
誕生日:1980年7月18日
経歴:
・2004~06年:ネイションワイドツアー
・2007年:PGAツアー
・2008年:ネイションワイドツアー(最優秀選手)
・2009年:PGAツアー


===========================


バージニア工科大学といえば、昨年のシェル・ヒューストンオープンを勝ったツアーの若手ホープの一人、ジョンソン・ワグナーと同じ出身校。二人は1年年が違うが、チームメイトだったようですね。


デヨングは2007年にPGAツアーに初参戦。昨年は再びネイションワイドツアー(下部ツアー)で経験を積み、見事今年トップツアーに返り咲いた。昨年はネイションワイドで1勝、2位1回、3位3回で獲得賞金額も2位に入り、ネイションワイドツアーの最優秀選手に選出された。


これだけの巨体からさぞかし飛ばすのだろう、と思いきや得意なのはグリーン周り。昨年、ネイションワイドで4打差をつけて圧勝したゼロックス・クラシックでは4ラウンドで要したパット数はわずか107回。


更に、すごい記録を持っているのです。2005年から4年連続でホールインワンを達成、PGAツアーでは前代未聞の記録だそうです!


人は見かけによらないとはよく言ったものです。石川のアプローチも神的ですが、デヨングのグリーン周りのプレーにも一目置いて観戦すると面白いかもしれないですね!


デヨングのクラブセッティング

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com