ゴルフ界の「伊達直人」!?ハワイの小学生に夢を与えるマーク・ウィルソンの勝利

PGAツアー第2戦「ソニーオープンinハワイ」、木曜日がサスペンデッドとなり日曜日に決勝ラウンド36ホールを決行。


予選ラウンドをトップタイで折り返した丸山茂樹は第3ラウンドでスコアを伸ばせず、最終ラウンドに一打縮めるも届かず7位タイ、8年ぶりのPGAツアー優勝はなりませんでした。


優勝したのは決勝ラウンド36ホールをノーボギー、65→67で回ったマーク・ウィルソン。優勝は2009年マヤコバゴルフクラシック以来のツアー3勝目。昨季賞金ランキング123位だったウィルソンですが、これで新たに2年間の出場権、そして初のマスターズ出場も確定しました。


頻繁に上位争いに入ってくる選手ではないので、地味な印象があるかもしれませんが、実はこのウィルソン、今日本でも話題の「伊達直人」のような人なのです。

markwilson0117.jpg
photo: zimbio.com


チャリティ活動をしているアスリートは多いですが、ウィルソンほどの「ナイス・ガイ」はそういないのでは...。2006年、PGAツアーフル参戦していないにも関わらず、ウィルソンは「Midwest Athletes Against Childhood Cancer Fund(MACC)(中西部アスリートによる児童ガン基金)」に史上最多となる300,000ドルを寄付。それ以降、「Making A Mark For MACC(MACCにマーク(インパクト))」を設立し、予選通過とトップ30入りする毎に一定額を寄付しているそうです。


コース上でも「紳士」を貫くウィルソン。初優勝となった2007年ホンダクラシック、結果プレーオフで優勝したのですが、この試合の第2ラウンドでウィルソンのキャディが同組選手にアドバイスをしたとして2打罰を自己申告。


「自ら申告していなかったら、この場にはいないと思う。なぜなら、そのことがずっと頭の中に残っていたから。申告していなかったら、この優勝トロフィーの価値は半減していただろう」


と優勝後に語っていました。当たり前といえばそれまでですが、ツアーの誰もが認める紳士のようです。


そして、このソニーオープンと関連のある活動で、「タイガーマスク(伊達直人)」を彷彿とさせるのが「Blessings in a Backpack」。直訳すると「リュックにお恵みを」。


blessingbackpack0117.JPG
via Blessings in a Backpack


非営利団体である「Blessings in a Backpack」は、公立学校の給食制度で低所得家庭の子供を対象に実施している「無料または減額した昼食プログラム」の対象となっている児童に対して毎週食糧を提供しているのです。寄付する学校が決まり次第、地元スーパーと提携し食糧を確保。毎週金曜日に生徒が持ってくる「Backpack(リュック)」に食糧を詰めて持って帰らせてあげているそうです。恵まれない環境にいる子供たちに週末の食糧も与え、毎週元気に学校に戻って教育を受けさせてあげる...成長期の子供の健康維持、学力向上を目的としているとのことです。


一人の生徒あたりにかかる寄付金は年間80ドル。2005年の設立時は僅か1校だったものの、現在では全米27州、27,000人に食糧を提供しているそうです。「リュック」に食糧...まさにタイガーマスクではないですか。


「(高校の頃)自宅に帰るとお腹が空いていたので、すぐに冷蔵庫を開けていた。うちには食べるものが山ほどあった。それでも、俺は『何も食べるものがない』と、母親に文句を言っていた。『食べたい』ものがなかっただけだった。...俺のような贅沢な環境の中で育っていない子供が多くいるのが現実。彼らは空腹と闘っている」


と、ウィルソンは言っています。


現在、ウィルソンはシカゴ、フェニックス、そしてソニーオープン開催地ハワイの小学校を対象にBlessings in a Backpackの寄付活動を続けています。ウィルソンの妻エイミーさんが「PGA TOUR Wives Association」の会長を勤めていて、フェニックスでのフェニックスオープン(旧FBRオープン)とハワイのソニーオープンのチャリティ基金先としてBlessings in a Backpackが入っているのです。ウィルソン自身、優勝賞金の一部はさらに地元ハワイの子供たちに還元するのではないでしょうか。


ちなみに、このBlessings in a Backpackの活動は、女優ヒラリー・ダフ、NFLドナルド・ドライバー、NBAドワイト・ハワード、さらにはPGAツアーの同僚ジャスティン・ローズも参加しています。


今回のウィルソンのように、大舞台で活躍すれば彼の言動が注目され、その結果として心身ともに成長できる子供が増える。


これからもアメリカの伊達直人さんを影ながら応援していきたいと思います。


Blessings in a Backpackの詳細はこちら


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com