逆にすごいタイミング!「シェブロン」がスポンサー撤退

先週、タイガー・ウッズが2年ぶりに優勝した「シェブロンワールドチャレンジ」の冠スポンサー「シェブロン(Chevron)」が来年以降、同大会のスポンサーとして残る意思がないことが4日の試合終了後に明らかになったとのこと。


シェブロンワールドチャレンジはタイガーのチャリティーファンデーション(基金)を受け入れ先として、2008年からメインスポンサーに就いていましたが、今年で満期を迎える契約を来年は更新しないそうです。

シェブロンワールドチャレンジは非公式試合(PGAツアーの賞金には加算されない試合)ですが、2009年からワールドランキングポイントの対象試合として認められている「異例」な大会の一つ。しかも、出場選手は僅か18名(メジャー覇者、ワールドランキング順から上位11名、推薦2名などの条件がある)。


この試合での獲得賞金はPGAツアーの賞金ランキングに加算されないとはいえ、今年の大会の賞金総額は500万ドル(約4億円)!PGAツアーの公式試合と同等の賞金が18名に分配されているんですね。参考までに、今季のソニーオープンinハワイの賞金総額は550万ドル。


大会ディレクターのグレッグ・マクラフリンは来年の大会までには新たなスポンサーが見つかることを期待している、と言及。


まーまーこれまたすごいタイミングですね・・・。誰が優勝しても決まっていたことなのでしょうね。


本来であれば出てなきゃいけないマッキロイもドナルドもウェストウッドもカイマーも出なければ、そりゃスポンサーも嫌気さすでしょ。


(んでもって、この次にあぷしようとしてるエントリーに続くんですね・・・)

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com