クラウン・プラザ・インビテーショナル最終日:ティム・クラーク、183戦0勝の男

クラウン・プラザ・インビテーショナル最終日、もう始まってますね。上位にはビジェイ・シンザック・ジョンソンショーン・オヘアジャスティン・レナードら常連がいる一方、ジェイソン・デイスティーブ・マリーノら初優勝を狙う者もいて、最後の最後までもつれそうな予感。


そして単独トップでスタートするのは南アフリカのティム・クラーク


timclark0601.jpg
photo: Golf News Corner


昨年、この大会で2位に入っていますし、メジャーも必ず出てきます。2月のWGCアクセンチュアマッチプレー選手権では2回戦でタイガー・ウッズに勝つなど忘れた頃にやってくるイメージの選手。


PGAツアーでも通算12億円以上稼いでいます。


でも、まだ未勝利なのです!


その戦績、なんと183戦0勝、2位6回、3位2回、トップ10が34回。運に恵まれないのか、最後の詰めが甘いのか、両方なのか・・・。「ここ(PGAツアー)で勝つのは至難の業。いつかはその時が来て、肩の荷が下りればいいな」とクラーク。


現在世界ランキング33位のクラーク、そろそろPGAツアーでも1勝挙げて欲しいです。それとも183度あることは184度あるのか・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com