世界ランキング:ニック・ワトニーが初のTOP10入り!しばらくは安泰か!?

AT&Tナショナルで今季2勝目を挙げ、FedEx Cupポイントランキングでも首位に躍り出たニック・ワトニー。賞金ランキングでもトップに立ち、最新の世界ランキングは15位から10位にジャンプアップ。プロ転向9年目にして初の世界ランキングトップ10入りを果たしました。

nickwatney0705.jpg
photo: zimbio.com


ワトニー以外で目立ったところでは、先週もお伝えした熾烈なNo.3争い。先週のアルストム・オープン・ド・フランスで単独4位に入ったマーティン・カイマーがロリー・マッキロイから3位の座を奪還。来週の全英オープンでの結果次第ではこの3位争いも更にヒートアップすることでしょう。


ではそれ以外のランキングはこちら。


=====================================
■世界ゴルフランキング(第27週、7月3日付)
(順位-選手名-平均Pt.-トータルPt.-出場試合数-今季失効Pt.-今季獲得Pt.)


1. ルーク・ドナルド ( 9.04 ― 469.93 ― 52 ― -127.20 ― 286.56 )
2. リー・ウェストウッド ( 8.69 ― 408.34 ― 47 ― -186.43 ― 169.81 )
3. マーティン・カイマー ( 7.25 ― 355.13 ― 49 ― -163.36 ― 162.68 )
4. ロリー・マッキロイ ( 7.13 ― 370.68 ― 52 ― -139.46 ― 202.37 )
5. スティーブ・ストリッカー ( 6.27 ― 257.25 ― 41 ― -144.19 ― 138.64 )
6. フィル・ミケルソン ( 5.79 ― 260.51 ― 45 ― -151.68 ― 124.02 )
7. ジェイソン・デイ ( 5.51 ― 237.02 ― 43 ― -52.82 ― 162.30 )
8. マット・クーチャー ( 5.51 ― 286.39 ― 52 ― -106.50 ― 145.82 )
9. グレイム・マクドウェル ( 5.45 ― 294.08 ― 54 ― -123.18 ― 83.77 )
10. ニック・ワトニー ( 5.34 ― 277.70 ― 52 ― -83.62 ― 195.63 )
11. シャール・シュワーツェル ( 5.31 ― 286.95 ― 54 ― -82.61 ― 187.89 )
12. ダスティン・ジョンソン ( 5.00 ― 245.16 ― 49 ― -99.45 ― 118.53 )
13. ポール・ケイシー ( 4.82 ― 212.28 ― 44 ― -121.42 ― 68.38 )
14. 崔京周 ( 4.80 ― 254.37 ― 53 ― -59.39 ― 174.20 )
15. ババ・ワトソン ( 4.78 ― 224.55 ― 47 ― -71.63 ― 138.93 )
16. イアン・ポールター ( 4.60 ― 239.16 ― 52 ― -122.14 ― 88.50 )
17. タイガー・ウッズ ( 4.07 ― 162.92 ― 40 ― -195.14 ― 42.80 )
18. アダム・スコット ( 4.06 ― 199.04 ― 49 ― -71.42 ― 84.48 )
19. ロバート・カールソン ( 4.04 ― 190.05 ― 47 ― -66.37 ― 69.59 )
20. ハンター・メイハン ( 3.98 ― 211.08 ― 53 ― -104.16 ― 100.87 )
21. ジム・フューリック ( 3.84 ― 188.09 ― 49 ― -137.54 ― 39.60 )
22. フランチェスコ・モリナリ  ( 3.84 ― 207.10 ― 54 ― -94.56 ― 59.87 )
23. レティーフ・グーセン ( 3.80 ― 204.99 ― 54 ― -117.07 ― 67.74 )
24. アーニー・エルス ( 3.77 ― 203.36 ― 54 ― -133.78 ― 26.28 )
25. マーティン・レアード ( 3.69 ― 199.33 ― 54 ― -60.90 ― 118.20 )
26. アルバロ・キロス  ( 3.68 ― 194.79 ― 53 ― -69.83 ― 123.86 )
27. デビッド・トムズ ( 3.54 ― 177.21 ― 50 ― -49.30 ― 134.66 )
28. ミゲル・アンヘル・ヒメネス ( 3.54 ― 190.96 ― 54 ― -85.96 ― 76.16 )
29. マテオ・マナセロ ( 3.47 ― 139.00 ― 40 ― -27.70 ― 79.41 )
30. キム・キョンテ ( 3.38 ― 182.77 ― 54 ― -62.63 ― 63.63 )
31. ジャスティン・ローズ ( 3.36 ― 177.84 ― 53 ― -78.43 ― 75.32 )
32. ルイス・ウーストハイゼン ( 3.31 ― 172.21 ― 52 ― -77.97 ― 52.59 )
33. Y.E.ヤン ( 3.12 ― 168.70 ― 54 ― -89.23 ― 98.59 )
34. エドアルド・モリナリ ( 3.09 ― 166.94 ― 54 ― -94.35 ― 37.79 )
35. ティム・クラーク ( 3.09 ― 132.80 ― 43 ― -83.39 ― 28.13 )
36. ザック・ジョンソン ( 3.07 ― 156.82 ― 51 ― -90.11 ― 55.78 )
37. ボー・バン・ペルト ( 3.06 ― 165.35 ― 54 ― -66.35 ― 74.13 )
38. ライアン・ムーア ( 3.05 ― 152.32 ― 50 ― -69.82 ― 77.68 )
39. ロバート・アレンビー ( 2.99 ― 161.67 ― 54 ― -101.95 ― 56.22 )
40. ゲーリー・ウッドランド ( 2.93 ― 117.32 ― 40 ― -8.43 ― 117.15 )
41. ジェフ・オギルビー ( 2.92 ― 148.79 ― 51 ― -79.38 ― 47.50 )
42. ブラント・スネデカー ( 2.91 ― 157.26 ― 54 ― -44.68 ― 116.03 )
43. アンダース・ハンセン ( 2.91 ― 154.22 ― 53 ― -50.16 ― 98.15 )
44. ピーター・ハンソン ( 2.88 ― 144.20 ― 50 ― -62.11 ― 67.60 )
45. ビル・ハース ( 2.79 ― 150.89 ― 54 ― -54.64 ― 82.05 )
46. ジョナサン・バード ( 2.78 ― 144.37 ― 52 ― -38.07 ― 115.92 )
47. ロリー・サバティーニ ( 2.70 ― 145.55 ― 54 ― -49.99 ― 111.92 )
48. ライアン・パーマー ( 2.64 ― 142.81 ― 54 ― -48.82 ― 69.94 )
49. 石川遼 ( 2.61 ― 141.19 ― 54 ― -76.64 ― 47.36 )
50. ベン・クレイン ( 2.59 ― 129.63 ― 50 ― -67.45 ― 36.88 )
=====================================


AT&Tナショナルで単独2位に入った崔京周は16位→14位にランクアップしています。石川遼もぎりぎりTOP50に残っています。


今季だけの成績を見ると、今回トップ10入りしたワトニーは(上記表の一番右の欄のとおり)ルーク・ドナルド、マッキロイに次ぐポイントを獲得しています。その内訳は次の通り。


====================================
ファーマーズ・インシュランスオープン ( 6位タイ - 44.00 )
ウェストマネジメント フェニックスオープン ( 5位タイ - 4.35 )
AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ ( 29位 - 0.00 )
WGC アクセンチュアマッチプレー選手権 ( 9位タイ - 5.13 )
WGC キャデラック選手権 ( 優勝 - 21.60 )
トランジションズ選手権 ( 13位タイ - 0.00 )
マスターズ ( 46位 - 2.78 )
チューリッヒクラシック ( 20位タイ - 2.90 )
ウェルズファーゴ選手権 ( 予選落ち - 5.28 )
ザ・プレーヤーズ ( 4位タイ - 70.78 )
HP バイロンネルソン選手権 ( 8位タイ - 8.30 )
全米オープン ( 予選落ち - 6.90 )
トラベラーズ選手権 ( 13位タイ - 9.32 )
AT&Tナショナル ( 優勝 - 7.70 )
====================================


14試合に出場して、予選落ちが2回、トップ20入りが9回、さらにトップ10入りが7回!出場すれば2回に1回はトップ10に入っていて、今年に入って本格化した感じがあります。今季獲得したポイントの比重が大きいため、今年は上がることはあっても大きく下がっていくことはなさそうですね。


ウェストウッドに始まり、カイマー、ルーク、そしてマッキロイとここ1年弱は完全に欧州選手の勢いに負けているアメリカゴルフ界。米メディアも明るい話題が欲しいのでしょう、「新たなアメリカンスター誕生か!?」と盛り立てようと必死ですね。


全英オープンでマッキロイとやりあえるアメリカ人選手はワトニーなのでしょうか。マスターズの教訓を糧に全米で開花したマッキロイ同様、ワトニーも昨年の全米プロでの苦い経験を今年のメジャーで生かせるか・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com