バレロ・テキサス・オープン最終日速報:ザック・ジョンソン、7ヶ月で「連覇」の珍事なるか

バレロ・テキサス・オープン最終日は前日の雨で3日目をフィニッシュできなかった選手たちが先にスタート。既に最終ラウンドがスタートしています。


トップに立っているのは前日、コースレコードとなる「60」で回り大会連覇を狙うザック・ジョンソンが2位のポール・ゴイドスに2打差をつけています。さらに1打差には一昨年の覇者ジャスティン・レナード。この3名で決まりそうな予感。

zachjohnson0517.jpg
photo: pgatour.com


「連覇」を狙う・・・といっても、この大会、昨年まではPGAツアーの「フォールシリーズ」の一戦だったため10月に開催されていたのです。今年から「テキサススイング(テキサス州での連戦)」にスケジュールが組み替えられ、その第1週目に当てられたのがこの大会。なので、ジョンソンにとって連覇といってもつい7ヶ月前に同じコース(ラ・カンテラ・ゴルフクラブ)で勝っているのです。これって過去の事例があるのか、とても興味があります。レナードも上位争いしていますし、やっぱりコースとの相性って大事なんですね・・・。


ジョンソンは2週間前のクエイルホロー選手権で最終日に2打差をつけて首位でスタートしながら、ものの見事に撃沈し、11位タイで終了。それでもソニー・オープンin Hawaiiを勝っていて、今日優勝することがあれば、FedEx Cupポイントランキングで堂々の首位に立つことになります。正直、日本ではまだまだ認知度も低く地味な印象しかない選手ですが(マスターズ勝ってるのに!)、今年も着実に上位争いをしています。FedEx Cupのスケジュールは既に20戦を消化(早い!!)、プレーオフ4戦までは今週を入れて残り17試合。ここで勝つようなことがあれば、年間総合優勝に一歩近づくでしょう。


こっちもいいけど、LPGAツアー(サイベースクラシック)も面白い展開になっているみたいですね・・・。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com