仕事だ、仕事だ!タイガーのキャディがコース解説者デビュー

タイガー・ウッズのキャディ、スティーブ・ウィリアムズがテレビ解説に挑戦するとのこと。今年、初めて自国ニュージーランドで行われる「キーウィ・チャレンジ」で米4大ネットワークの一つNBCの中継でコースナビゲーターとして解説者デビューする。

stevewilliams1007.jpg
photo: flickr@mandj98


このキーウィ・チャレンジは11月15日、16日の2日間に分けてアンソニー・キムハンター・メイハンアダム・スコットブラント・スネデカーが出場し、ストロークプレーで競う。全体の賞金額は250万ドル(約2.5億円)、優勝者には160万ドル(約1.6億円)が手渡される。エキシビションマッチとしては異例の高配当だ。


ウィリアムズはニュージーランドの「アスリート」としては1、2位を争う年俸を稼いでいるそうだ。キャディをアスリートとするなら、の話ですけどねw 気になったので計算してみた。


タイガーがゴルフの大会で獲得した賞金の10%をお裾分けしてもらっているとすれば、今年だけでも57万ドル(約5,700万円)。タイガーのバッグを担ぎ始めたのが1999年なので、それ以降のタイガーの獲得賞金をたたき出してみると...なんと5,700万ドル!!2008年分を足すと、な、な、な、な、なんと、スティーブの収入は約6.2億円ということになる。


10年間、バッグ担いで、クラブ拭いて、風読んで、世間話して6.2億円か...悪くないですね(きっと彼の仕事はそれだけじゃないだろうけど)。いずれにしろ、彼の自国での知名度は極めて高いのだ。


「こんな経験は初めて。俺はこのキーウィ・チャレンジを通してニュージーランドのいいPRになると思うし、ニュージーランドの人たちにも世界有数のゴルファーを見る素晴らしい機会になると思うんだ。このレベルの選手が4人1組に集まることはないだろうね」とスティーブ。コース上の選手の解説以外にも、自国のニュージーランドの観光スポットなど地元の話も交えて中継をするそうだ。


このキーウィ・チャレンジはカウリー・クリフスとケープ・キッドナッパーズの2つの会場でそれぞれ1日ずつ行われる。この会場はなんと560キロも離れていて、日本で言うなら東京-大阪間くらいの距離はある。


久しぶりの出勤だ!頑張れ、スティーブ。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com