D.ジョンソンのゴルフニュース一覧

D.ジョンソン

・身長:193cm
・体重:86kg
・出身:米国
・誕生日:1984年6月22日
・メジャー大会優勝:0
・優勝回数:4回(うちPGAツアー4回)

米国若手有望株の一人。ツアー屈指の飛ばし屋。2007年QTを突破、デビューイヤーのターニングストーンリゾートで初優勝を挙げると、2009年、10年とAT&Tペブルビーチを連覇。全米オープンではそのペブルビーチで最終日6打差をつけて首位スタートするも大失速。さらに同年の全米プロ選手権最終日では、1打リードして迎えた最終ホールでバンカーにクラブをつけたとして2打罰、プレーオフに駒を進めることができず波紋を呼んだ。高校までバスケットボールを本格的にプレー、中1でダンクができたほどの運動神経を持つ。

先日お伝えしたダスティン・ジョンソンがソニーオープンinハワイを辞退した本当の理由。ナタリー・ガルビスとの交際が発覚し、元カノとケリをつけるために帰ったのではという推測が出回っていましたが、話が一転二転してきています。 ガルビスとの交際に関しては「広報担当」を...続きを読む
PGAツアーの2011年シーズンも開幕。先週の「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」は昨年後半に優勝した2名、ジョナサン・バードとロバート・ガリガスによるプレーオフに突入、ガリガスが短いパーパットを外してバードが自身5勝目を挙げた。 この大会期間中、...続きを読む
全米プロゴルフ選手権最終日、バンカーにクラブをつけたことで2打罰を受け、結果優勝を逃したダスティン・ジョンソン。(僕も含め)多くのメディアや同僚のプロたちが「バンカー議論」をしている中、当の本人はフロリダに戻りボートに乗って休日を過ごしていました。 そのジョン...続きを読む
引き続き全米プロ&ダスティン・ジョンソンの小噺。 僕はテレビ中継とTwitterを同時に見ていて、ジョンソンが18番を終えた後からTwitterのタイムラインには審議対象となっていたバンカーに対して大量の抗議呟きが流れていました。その中にはジョンソンと同僚の男...続きを読む
全米プロゴルフ選手権から一夜明け、やはり話題の中心は優勝したマーティン・カイマーについてではなく、18番ホールで起きたダスティン・ジョンソンの「2打罰」についてでした。 ラウンド後のインタビューでジョンソンと共にラウンドしていたニック・ワトニーの一言を紹介して...続きを読む
なんだかメジャーの最終日が終わってしまうと、フッと肩の力が抜ける感じがするのですが、試合終了後直後の会見で今年はライダーカップイヤーだということをリマインドしてくれたババ・ワトソン。はい、毎週更新していますライダーカップポイント、今週でアメリカチームは終了です...続きを読む
全米プロゴルフ選手権最終日、最終組を回っていたダスティン・ジョンソン。1打リードして迎えた最終ホールをボギーとしてババ・ワトソン、マーティン・カイマーと11アンダーで並んで3名のプレーオフになるかと思いきや、ジョンソンの2打目がギャラリーの中からの一打でコース...続きを読む
全米プロゴルフ選手権最終日、トップでスタートしたニック・ワトニーがいきなり1番でダボ。同じ組のダスティン・ジョンソンがバーディとして11アンダー、スタート時の3打差が本当に1ホールでなくなってしまいました。そのジョンソンは次のパー5でティショットを左に大きく曲...続きを読む
全米プロゴルフ選手権最終日、最終組のダスティン・ジョンソンとニック・ワトニーがスタートしていきました。スタート前の両者のコメントを紹介しておきます。...続きを読む
全米オープン最終日を3打差リードでスタートして「82」の大叩きで自滅したダスティン・ジョンソン。全米最終日をトップで迎えた選手の最終ラウンドのスコアとしては1911年のフレッド・マクレオドが記録した「83」以来のハイスコア。 グレッグ・ノーマンからも励ましの電...続きを読む
全米オープンはやはり見ていて最高に面白いですね。60台が出たと思ったら、翌日は80台。そして、大半の選手がイーブンパー以上のスコアで苦しむセッティング。まさに「Toughest Test in Golf」。 最終ラウンド開始まであと数時間。ムービングデイの終盤...続きを読む

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com