タイガーに次いで史上2人目!ジョーダン・スピース、全米ジュニアアマ2勝目

昨年、今年の「HP バイロンネルソン選手権」で優勝争いを演じ、一躍ゴルフ界の注目を浴びた17歳の高校生、ジョーダン・スピースが23日「全米ジュニアアマチュア選手権」を優勝。2009年に次ぐタイトルで、第64回目を迎えた今大会の複数回優勝はタイガー・ウッズ(1991~93年)に次いで史上2人目とのこと。


jordanspieth0725.jpeg
photo: nj.com


こちらでも何度か紹介しているスピース。今秋からはテキサス大への進学が決まっていて、周囲が期待する「プロ転向」はまだ少し先の話のようです。


「タイガーは(全米ジュニアアマ)を3連勝した。自分は2度勝てて嬉しい。もうこの試合には出られないから、これからはタイガーが他に勝ったアマチュアタイトルを狙っていく」


と更なる飛躍を誓ったスピース。

今夏はウェスタンアマチュア、全米アマに出場予定で、今年の最大の目標はアマチュアによる欧米対抗戦「ウォーカーカップ」の米国チームに選出されることだそうです。


今週の水曜日に18歳になるスピース。着々と実績も挙げていて、大学に入ってどこまで成長するのかが楽しみですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com