ルーク・ドナルド、初WGCタイトルで世界No.3浮上!カイマーが歴代14人目のNo.1に!

初日にタイガー・ウッズが敗退し、波乱の幕開けをなった「WGCアクセンチュア・マッチプレー選手権」。終わってみればルーク・ドナルドが6試合を大会最少記録となる「89ホール」で勝利し、全ての試合を18ホールまでに決着をつける完勝。5年ぶり3度目の米国本土優勝を果たしました。勝負弱いとか「小金集め」とか(詳細はのちほど)ここ数年で色々と批判も浴びていましたが、世界強豪を破っての優勝で次なる目標「メジャータイトル」がより現実的になってきました。


そしてルークの優勝、そしてマーティン・カイマーが2位に入ったことで世界ランキングの図式もさらに「欧州色」が強くなってきました。

lukedonald0228a.jpg
photo: zimbio.com


マッチプレー後の世界ゴルフランキングはまだ発表されていませんが、明日公式に発表されるトップ10は次の通り。


==================================================
■最新世界ゴルフランキング(2月28日発表)
1.マーティン・カイマー(独)
2.リー・ウェストウッド(英)
3.ルーク・ドナルド(英)
4.グレイム・マクドウェル(北愛)
5.タイガー・ウッズ(米)
6.フィル・ミケルソン(米)
7.ポール・ケイシー(英)
8.ロリー・マッキロイ(北愛)
9.スティーブ・ストリッカー(米)
10.マット・クーチャー(米)
==================================================


タイガーから1位の座を奪ったリー・ウェストウッドに変わってトップに立つのはカイマー。昨年の全米プロ選手権優勝を皮切りに、終始安定した成績を残しています。トップ5に入った時も、タイガーを抜いた時も「1位の座に就くチャンスはある」とも豪語していたカイマー。今大会でも決勝まで駒を進め、歴代14人目の世界1位選手になります。


そしてウェストウッドに次いで自身最高位の3位まで浮上してきたルーク。アイアンプレー、グリーン周りは抜群のうまさを誇り、4年前に陥った「飛距離不足コンプレックス」(こちらも詳細は別途)からも見事に脱出し、「よりストレート」なプレーヤーに成長しています。プロ転向時の期待を考えるとここまで来るのには時間を要したかもしれませんが、今年のメジャーでは注目したい選手です。


ドナルドが3位に上がったことでマクドウェルが4位に入り、これで世界ゴルフランキングの上位4名を欧州勢が独占。1992年3月15日付のランキングでイアン・ウーズナム、ニック・ファルド、J.M.オラサバル、セベ・バレステロスがトップ4位を独占して以来の快挙。トップ10には6名、その下にもロバート・カールソン、F.モリナリ、M.A.ヒメネスらがトップ20に入っています。


昨年のメジャー大会あたりから「欧州優勢」は明らかになっていましたし、何も今年になって始まったわけではありません。世界ランキングの算出方法は「直近」の試合に重きを置くシステムになっているため、この結果は時間の問題でもあったのでしょう。


これによって何が起きるか?彼らが主戦場として戦っている欧州ツアーでの結果が世界ランキングを決める上でより重みを増してきます(フィールド・ストレンスは大きなファクター)。ミケルソンがシーズン開幕をドバイ(アブダビ)で迎え、タイガーもスポット参戦でドバイデザートに出場するなど、これまではPGAツアーに照準を合わせていた選手たちも徐々に外に目を向けるようになってきています。あと数十年後に振り返っても、ここ数年で起こるであろう「欧州ツアー>PGAツアー」の流れは、長いゴルフ界の歴史の中でも大きな分岐点になることでしょう。


歴代の世界No.1選手と1位を保持した期間(週)のランキングはこちら。


==================================================
■歴代世界ゴルフランキング1位選手ランク(週)
1.タイガー・ウッズ(623)
2.グレッグ・ノーマン(331)
3.ニック・ファルド(97)
4.セベ・バレステロス(61)
5.イアン・ウーズマム(50)
6.ニック・プライス(44)
7.ビジェイ・シン(32)
8.リー・ウェストウッド(17)
9.フレッド・カプルス(16)
10.デビッド・デュバル(15)
11.アーニー・エルス(9)
12.ベルンハルト・ランガー(3)
13.トム・レーマン(1)
13.マーティン・カイマー(1)
==================================================


ランキング上位が大混乱期に突入していて、今年のメジャー(WGC)の結果次第では新たなNo.1が生まれる可能性は大です。


既に1か月後(早い!)に迫ったマスターズが楽しみになってきました!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com