マッキロイ、全米プロでのケガしたショットは「愚かな判断」

全米プロ選手権で手首を負傷しながら最後までプレーしたロリー・マッキロイ。今週の欧州ツアー「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の出場を控え、自身のHP全米プロ初日の出来事、ケガの状況などを語っています。

rorymcilroy0901.jpg
photo: zimbio.com


「今思えば、(初日)3番ホールでのあのショットは愚かだった。あの時は何とかなると思ったけど、そんなに簡単なものではなかったし、今年2つ目のメジャータイトルを獲得するチャンスを逃してしまった。メジャーシーズンがあのような形で終ってしまったのは残念だったけど、予選を通過して4ラウンドプレーできたことは誇りに思う。誇りがあったから棄権したくなかった。かなり痛みはあったけど、ちょっとした自己満足のためにも大会を終了したかった。その目標だけでも達成できたからよかったかな。


「手首の状態は完治しているけど、練習していると肘の外側に痛みを感じる時がある。先週は3日練習して1時間ほどすると痛みを感じたけど、プレーはできる。全米プロで手首の痛みをかばうために肘と肩を使っていたのでそこから来ているのだと思う。


「(今週と来週は)素晴らしいフィールドで、再びリー(ウェストウッド)とマーティン(カイマー)と同じ試合に出られるのは嬉しい。世界ランキング上位6名のうち3名が出てる試合が2週続く。みんな良いプレーを残してほしいし、個人的には全米プロ後に6位まで下がってしまったランキングをなんとかしたい。(今週)優勝すれば世界ランキングで3位に戻ることができるから、それが当面の目標。上位2名に少しでも近付きたいね」


=======================================


ケガをしたショットを「stupid(愚か)」と言ったマッキロイ。冷静に考えればそうなるのかしれないけど、メジャーチャンピオンになった今、王者としてのプライドも相当強いんですね。後遺症がなければいいですけどね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com