ロリー・マッキロイ、PGAツアー新人王逃すも「別にいいよ」

ロリー・マッキロイリッキー・ファウラー。今季のPGAツアー新人王争いで注目されていた2名。先日、投票結果が発表され軍配はファウラーに上がったようです。


そして、新人王最有力とされていたマッキロイはこの結果にはあまり関心がなかったようです・・・。


fowler1207.jpg
photo: zimbio.com


今季PGAツアーと欧州ツアーを股にかけ、クエイルホロー選手権では強豪を破って初優勝を挙げたマッキロイ。全英オープンの初日にはメジャー記録に並ぶ「63」を記録し、3位タイフィニッシュ。さらに全米プロ選手権でもまたまた3位タイと大活躍。


一方、ファウラーは昨年Qスクールを突破し、今年はフェニックス・オープン、ザ・メモリアルで2位フィニッシュ。PGAツアールーキーとしては初めてライダーカップチームにも選出され、大躍進の一年を送りました。


二人のスタッツを比較してみると・・・


ロリー・マッキロイ
 -出場試合数/予選通過:16/12
 -優勝:1回(クエイルホロー選手権)
 -TOP3:3回
 -TOP10:5回
 -獲得賞金額(順位):$2,554,280(26位)
 -平均スコア(順位):70.35(33位タイ)


リッキー・ファウラー
 -出場試合数/予選通過:28/20
 -優勝:0
 -TOP3:3回
 -TOP10:7回
 -獲得賞金額(順位):$2,857,108(22位)
 -平均スコア(順位):70.43(41位タイ)


「優勝」(しかもフィールドのレベルを考えるとかなり価値のある「優勝」)という実績だけを見ればマッキロイが選出されてもおかしくはなかったのですが、その他の項目はどんぐりの背比べ。強いて言うなら、マッキロイはファウラーよりも出場試合数が12試合少ない中でのこの実績。


ファウラーが受賞したと聞いたマッキロイは、


「別にいいよ。(新人王は)これといって欲しくなかったし。ルーキーじゃないし・・・。PGAツアーの一員になった時は既に世界トップ10に入っていた。リッキーは素晴らしい一年を送った。彼が(新人王に)相応しい」


と、意外にもさばさばとしていたマッキロイ。


ファウラーは今月13日で22歳、マッキロイは今年5月で21歳。PGAツアーは何人が誰に投票したなどの結果は一切公開していませんが、過去にも「新人」とは言えない歳で受賞した選手は多くいました。1993年のビジェイ・シン(30歳)、1999年のカルロス・フランコ(34歳)、そして2004年のトッド・ハミルトン(39歳)などPGAツアーが定義する「新人」は選手の年齢ではなく、その選手がPGAツアーメンバーとして初めてフル参戦した年という意味。なので、既に世界トップ10に入っていたマッキロイでさえ受賞していても全く不思議はなかったわけです。


PGAツアーは結果についての情報は開示しないため、ファウラーが選出された本当の理由は分かりかねるのですが、マッキロイが実績的に見ても「新人」ではないことに加え、来季はPGAツアーメンバーとしてプレーをしないことを明らかにしていたのも投票者の心理を揺らがせたのかも・・・。


「ひょっとしたら両方かもね」


とマッキロイ。ダスティン・ジョンソンは誰が受賞するかと聞かれ、「(ファウラーは)そこそこ成績を残したから票を獲得するだろう。でもマッキロイが受賞するだろう。彼が受賞しないとおかしい」と言っていて、ファウラー受賞を聞かされて


「リッキーが受賞?彼がアメリカ人だからかね。なぜだろう・・・」


と困惑した様子。同じく世界No.1リー・ウェストウッドも自身のTwitter


「すまない、140文字でこれは説明しきれない!リッキー・ファウラーが新人王に選ばれたことを今聞いた。確かに、彼は素晴らしいシーズンを送った。ただ、ロリー・マッキロイは2度もメジャーで3位に入り、クエイルホローではフィールドを圧倒した!ライダーカップの優勝チームの一員でもあった!勘弁してくれ!これまたPGAツアーの新たな『保護政策』か?それとも『何か』を勝ちたくてしょうがなかったのか!?ロリーが来年からPGAツアーに入らないこととも関係しているのか?PGAツアーの投票システムはFIFAと変わらないな!頼むよ、公正さはどこへ」


と思いの丈をぶちまけています。ライダーカップのチームメイトでもあり、近しい関係であるからこそこの判定には納得がいかなかったのでしょう・・・。


受賞した当本人のファウラーというと、Twitterで一言だけコメントしていて、


「みんな、優しい言葉感謝!こんなに素晴らしいファン、人たちがフォローしてくれていることが最高だ!!」


と呟いています。


この二人(そして石川遼も!?)は将来を背負っていくべき逸材。最初の優勝はマッキロイ、最初のタイトルはファウラー、という「引き分け」の結果で終わった2010年。来季はマッキロイが欧州ツアーに専念することで直接対決するシーンは減ってしまうかもしれませんが、今後もロリー&リッキーの動向には要注目ですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com