ゴルフが「クリエイティブ」なスポーツであることを実証した男、セベ・バレステロス

2011年5月7日、一時代を築いた名ゴルファー、セベ・バレステロスががん性脳腫瘍の合併症のため亡くなりました。54歳。あまりにも早すぎる死に、世界中のゴルファーが衝撃を受け悲嘆に暮れていました。


タイガー・ウッズは自身のツイッターで


「彼のクリエイティビティーと(ショットの)創作力を超えるプレーヤーは現れないかもしれない。早すぎる別れだ」


とつぶやいていました。


いくらなんでもそれは無理だろう、という状況から繰り出された歴史に残る数々の名ショット。「七色のアイアンショット」とも言われたセベの名シーンを集めてみました。

■1994年マスターズ2日目、13番ホール


■1997年フランス・オープン、6番ホール


■1984年マスターズ初日


■2002年セベ・トロフィー(ドローをかけたアプローチ)


■1979年全英オープン、「駐車場ショット」


そして、最後に、セベはこんな「想像力」もありました。


■パットを使ったトリックショット


これまでも、これからも彼を超える想像力を持つ選手は出てこないかもしれません。


ご冥福を祈って。Gracias, Seve!


>ネタ元:golf.com

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com