ハーマン・ケイン氏「タイガーが大統領?Just Jokingだよ!」

タイガー・ウッズとハーマン・ケイン。


一見、何も接点のないようにみえる両者ですが、ここにきてケイン氏が5年前に書いたコラムが注目されているようです。


hermancain20111017.jpg
photo: zimbio.com


2012年米大統領選挙で共和党候補として出馬宣言をしている米実業家のケイン氏。執筆活動、ラジオ番組、ピザ屋さんの経営(ゴッドファーザーズピザ)など幅広いジャンルで活動しているケイン氏ですが、5年前に自身のHPに書いたコラムがここにきて注目を浴びているのだとか。


2006年、ケイン氏が運営するHPに掲載されたコラムには、


タイガー・ウッズは2016年に40歳になっている。共和党は今から彼を大統領候補として育てるべきだ。彼の性格、そしてゴルフで残してきた功績から、彼は一政治家ではなく、問題を解決できる(大統領)候補になるだろう」


と掲載。


あのタイガーが大統領・・・。確かに、2006年当時に読んだ人にはまだ納得できていたかもしれませんが、その後のタイガーの公私に渡る言動は言うまでもなく、当時はまっとうな構想に見えたものの、今となっては次期大統領候補の足を引っ張りかねない発言になっているようです。


先日、このコラムについて聞かれたケイン氏は


「あれは冗談だよ。分かるか?アメリカ人はもっと冗談が分かるようにならないと。・・・たまには真面目なことも書くさ。でも、それ以外にも皮肉まじりで書く時こともあるし、それは大事にしてはいけないんだ、分かるか?」


と苦し紛れの言い分をしていました。


でも、


5年前の発言が本音に7万ルピア!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com