タイガー・ウッズの「おなら」、実はiPhoneを使った悪戯だったという都市伝説

先日お伝えしたタイガー・ウッズのビュイック・オープンでの「おなら」事件。ネット上のいろんなところで話題になっている中、中継をしていたCBSやPGAツアーはその映像をYouTubeから「権利違反」として取り下げるなど波紋を呼んでいます。


そして、ここにきて、新たな「説」が浮上し、これがまた話題になっているようです。

woods_steve0806.jpg
photo: examiner.com
(タイガー、悪戯されたの?)


事件が起きたのはビュイック・オープン最終日、最終ホールの第2打地点。


動画を見ていただくと分かりますが、オナラの爆音が少しでか過ぎる、不自然なのではないか、という見方が浮上。


「あれは観客による悪戯だったのでは」と主張しだしたのが米コロラド州の「InfoMedia(インフォメディア)」社。彼らは映像を繰り返しリプレーし、一つの結論にたどり着いたのです。


「あのオナラはiFartのアプリケーションにある音の一つだ」と。


iFart(Fart=オナラ)とは、昨夏、全米で大ヒットしたアップル社のiPhone、iPod Touch用のアプリケーションでオナラの音を再生できる「いたずら」ツール。自分のオナラの音を録音することもでき、その遊び心が話題を呼んで、大手メディアやIT系のサイトでも取り上げられた結果、3週間に渡ってアメリカで最もダウンロードされたiPhoneアプリになったのです。iFartを開発したのが(言うまでもなく)インフォメディア社ということなのですww


iFart Mobile公式HP


このiFartアプリですが、


友達に送ることができたり、
fartfrienda0806.jpg
photos: iFart Mobile


自分の自信作を録音することもできるのです。
fartfriendb0806.jpg


それぞれのオナラにはネーミングがついていて(笑)、インフォメディア社によると、今回のタイガーのオナラはこのアプリの「Doom(破壊)」という音に近いそうで、ロープ脇にいたギャラリーの誰かがフェアウェイで待機していたタイガーとスティーブに向かって仕掛けたのでは、と主張しているのです。インフォメディア社は全社をあげて調査を始めるとのことで、その場にいたスティーブ・ウィリアムズやロープ脇にいたギャラリーに話を聞くとリリースを発表したのですww  


はっきり言ってどうでもいいようなネタであり、本気でリリースを出したか否かは不明ですが、こういう遊び心って個人的には大好物です。見ていて応援したくなりますね!


果たして真相は明らかになるのでしょうかw プププ

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com