マーティン・カイマー「ゴルフ界はタイガーの復活を必要としている」

昨年の全米プロ選手権を優勝し、一時は世界No.1の座についたマーティン・カイマー。今週のWGCブリヂストンインビテーショナルで3ヶ月ぶりにツアー復帰する元世界No.1タイガー・ウッズについて聞かれると


「ゴルフ界は彼の復活を必要としている」


と、熱い思いを語っていました。

martinkaymer0804.jpg
photo: zimbio.com


「今回は予選落ちを心配することもないし、早く良いプレーを見せてくることを願ってる。我々は彼を必要としている。彼は史上最高のゴルファーだし、今は苦しんでいるかもしれないけど、基本に戻って彼の本領を発揮してほしい。


「彼とはドバイ、ザ・プレーヤーズでしか一緒にラウンドしたことはないけど、あの時(プレーヤーズ)は9ホールだけだった。彼が早く復活優勝してくれることを心底願っている。もう一度世界中にゴルフを広めるためには、我々も、PGAツアーもそれを必要としている。


「全米でのロリーのパフォーマンスは凄かった。ただ、タイガーは7、8年もトップに君臨した選手。30代半ばになって、この辺で復活して史上最高のプレーヤーであることを証明してほしい。


「タイガーのおかげで(ドイツ)のゴルフはモダンになった。ここ12年、15年の間で彼はゴルフをエキサイティングなスポーツに変えてくれた。それまで(ゴルフ)はエリートのため、定年した人たちが4、5時間綺麗な芝生を散歩するスポーツというイメージだったけど、それも大分変わった。


「今は俺が国の人たちに伝えようとしている。ゴルフを通して人生の教訓となるものがたくさんあるということを」


タイガーは終わったとあっさり言う人や復活をどうでもいいと思っている人もいれば、これまでの世界中のゴルフ界への貢献に対する敬意からやはりもう一度強いタイガーを見たいと願っている人もいるんですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com