「努力を惜しむな」・・・タイガーから石川遼へのメッセージ

記者会見で質問をする取材陣にさえ向ける鋭い視線。「E(エリン)」「サム」「チャーリー」と言った時の彼の口元には白い物がキラリと輝いた。


タイガー・ウッズが帰ってきた。8ヶ月ぶりの生タイガーインタビュー。予定より遅れて記者会見会場に入ってきたタイガー。開口一番、「ごめんな、遅れちゃって。18ホール回るのにどれくらいかかるか忘れちゃったよ」と会場を和ませると、今日から始まったWGCアクセンチュアマッチプレー選手権に向けてこれまでのリハビリの経緯や石川遼へのアドバイス、世界中のツアーを悩ませるアメリカの不況など、多岐に渡る質問に答えた。これまでのタイガー節も健在だった。


中でも「次の世代」のゴルファーについての受け答えが印象的だった。タイガーももう今年の12月で34歳。


「若い世代には・・・」と語るタイガーの姿は威風堂々としていた。


===========


Q:昨年のクリスマスの時には、アンソニー・キムカミロ・ビジェガスなど若手が勝負所でどのような目つきでプレーをしているか見ていないから若手の活躍に関しては何とも言えないと言っていたが、ここ最近は更に若い世代の選手が活躍しています。先週はダニー・リーが、その前はローリー・マッキロイがドバイで勝っています。彼らの活躍はテレビで見ていましたか、そして例えばローリーのような選手と対戦することを望んでいますか?


タイガー:彼が(ドバイで)勝ったのは見ました。何人かの若手がいいプレーをしているのは見ているし、素晴らしいことだと思う。彼らは新しい「次世代」の選手たち。ゴルフというスポーツが若返っていることはいいことなんじゃないかな。俺とは違う世代の選手たちだし、良いことだと思う。


俺らの競技にはその「若さ」が必要なんだ。新しい血を流していくこと・・・。彼らに必要なのは経験、そしてその中で良いプレーをすること。若い選手たちが世界中のツアーで活躍しているのは楽しみだよね。


Q:ここ数週間、リョー・イシカワという選手が注目されています。あなたが若い頃に注目されていたことなどの経験も含め、彼がPGAツアーで成功するためにはどのようなアドバイスがありますか?


タイガー:何でもそうだけど、注目されているからといって、スーパーショットが打てるわけでもなけあれば、パットが入るようになるわけでもなく、試合を勝てるわけではない。成功するためには、時間、努力、レッグワーク(トレーニング)を惜しんではダメだ。


これは俺の父親がいつも言っていたことだけど、周りがどれだけ自分のことを取り上げたからといって、それが高いドローボールや低いフェードボールを打たせてはくれないし、パットも決めさせてはくれない。


彼にはこれからもっと前進して欲しいし、そうなるといいよね。既に良い成績を残しているわけだし、素晴らしいプロキャリアのスタートを切っている。しかもまだ17歳だなんて信じられないよね。これからもっと成長して素晴らしいキャリアを積んで行ってほしいね。


==========


改めて思ったこと。石川遼って本当に幸せな17歳だな〜と。


練習ラウンドを終えたタイガーが「君のことは聞いているよ」と握手をしてくれる場面、そしてタイガーの復帰後初の記者会見で「石川遼がPGAツアーで成功するためには何かアドバイスはあるか?」と聞いてくれる記者までいる!そしてその記者会見の貴重な時間の中の約40秒もの間タイガーが石川について語ってくれている。


こちらがその動画です。


tigerwoods0226.png
PGAツアーのサイトにリンクします。


本当に余計なお世話かもしれないが、このタイガーの言葉を励みに今年のマスターズだけではなく、長期的に大きいところを目指せるように頑張って欲しいと思う!


「努力を惜しむな」


このタイガーの言葉、石川の胸に深く刻み込まれていることを願う。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com