タイガー・ウッズが魅せた神業チップインイーグル

オハイオ州ダブリン、ミュアフィールドビレッジGCで行われたザ・メモリアル。今大会は往年の名プレーヤー、ジャック・ニクラウスがホストを務めていることで注目の大会となっている。


その大会で久しぶりにタイガー・チャージを見ることができた。最終日は首位と4打差の7位タイでスタート。前半で4バーディを奪って折り返した11番2打目をグリーン右奥の深いラフに入れてしまったが、ここからがすごい!とりあえず見てください。(1:26あたり)


さらに18番でも184ヤードをピンそば30cmにピタリと寄せ、楽々のバーディを奪い優勝を手にした。これで今季2勝目。通算67勝となった。


これまでのタイガーと劇的に変わったのはやはり抜群の安定感だろう。Par3以外の14ホールでティショットを常にフェアウェイキープ。フェアウェイからの2打目は動画でもご覧になったとおり。


そしてもっと驚きなのはちゃんと名プレーヤーがホストを務めているときに勝っちゃうところですね。前回優勝したのがマスターズ2週前に行われたアーノルド・パーマーインビテーショナル。そして今回が全米オープン2週前のザ・メモリアル。


今年も全米オープンでなにかやらかしてくれそうです!!
2008年全米オープンはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com