タイガー、第2の不倫相手が登場!「俺の名前を消してくれ」と強請る留守録は本物なのか・・・

次から次へと出てくるタイガーの噂。ゴルフ、スポーツメディアだけではなく、今やゴシップネタのメディアの標的とされてしまっているタイガー・ウッズ。先週、ニューヨークでセレブを相手にパーティなどのコーディネーターをしているレイチェル・ユチテルさんが不倫相手に取りざたされたかと思いきや、今度はロサンゼルス在住の24歳のウェイトレスがタイガーからの留守番電話音声とメールを公表し、31ヶ月もの間浮気していたと自首したそうです。


【関連記事】
ケニー・ペリー「アメリカの大半がやっていること」
「エンゼル役」パーネビックの怒りのコメント
周囲の反応(via Twitter)
タイガーの謝罪文
タイガーの最初の声明文
タイガーの事故を通報した110番音声
第2の不倫相手現る
タイガーの交通事故


今日、US Magazine.comに公開されたタイガーの留守番電話の声。タイガーの相手として報道されているのがジェイミー・グラブスさん。グラブスさんによると、2007年4月にラスベガスで出会ってから31ヶ月間もの間、肉体関係を持ち続けたのだとか。


タイガーとの赤裸々な300通以上もの携帯メールのやり取りも公開され、最も衝撃的だったのがグラブスさんの携帯に残された留守番電話のメッセージ。


その音声がUS Magazine.comに公開され、ネット上で瞬く間に広がっています。



"Hey, it's Tiger. I need you to do me a huge favor. Can you please take your name off your phone? My wife went through my phone and may be calling you. So if you can, please take your name off that. Just have it as a number on the voicemail. You got to do this for me. Huge. Quickly. Bye."


「もしもし、タイガーです。大きなお願いがある。お願いだからお前の携帯電話から俺の名前を消してくれないか?妻が俺の携帯を見てしまい、ひょっとしたらお前に掛けてくるかもしれない。だから、できることならお願いだから消してくれ。留守番電話に番号だけ残してくれ。お願いだからやってくれ。頼む。早く。じゃ」


これが果たして本物なのか・・・。一部報道ではグラブスさんはこの告白をするのに900万円ほど報酬としてもらっていたと言われています。こういう音声が出回っているとだけ言っておきます。これ以上深読みするのは??なので。


一つ言えることは、これら全く信憑性のない報道が出てきてしまっている原因はタイガーの事故があまりにも不自然な状況下で起きたからでしょう。妻エリン氏が浮気をしていた旦那に腹を立て、ケガをさせ、タイガーは逃げた・・・というゴシップを裏付けるかのような噂が次から次へと出てきてしまいます。


収拾のつかない状態になってしまった今回の件。次にタイガーが公の場に姿を現すのは恐らく来年1月末に開催されるトーレーパインズの大会(来年からはビュイックがスポンサーではなくなる)。それまでにこの一件はどうなっているのでしょうか・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com