AT&T、タイガー・ウッズとの関係を「切断」!ホスト役も降板

tigerwoods20100105.jpg
photo: zimbio.com


昨年の初旬、タイガーのキャディバッグにロゴを掲載してスポンサーになっていたビュイック(BUICK)が経営難を理由に撤退。AT&T社が代わりとなる「複数年」契約を結んだのですが、それも一年も持たなかったようです。


また、AT&Tはタイガーがホスト役を務める「AT&Tナショナル」のメインスポンサーでもあります。無期限で大会出場自粛を発表したタイガーは、この大会のホスト役からも降ろされることが決定したそうです。AT&T側は今回の決定を発表する上で、


「我々はタイガー・ウッズとのスポンサーシップ契約を終了する。彼の幸運を祈る」


と、なんとも淡白なコメントを公開しています。


これでタイガーのスポンサー関連の動きは...


【スポンサー降板/広告での露出制限】
・アクセンチュア(ITコンサル)
・ジレット(P&G、髭剃り)
・タグ・ホイヤー(時計)
・AT&T(通信)
・ゲータレード(飲料⇒生産中止)
・ゴルフ・ダイジェスト(出版⇒タイガーのレッスン記事掲載中止)


【スポンサー継続】
・NIKE GOLF
・EAスポーツ
・NetJets
・Tatweer(The Tiger Woods Dubai)
・TLC Laser Eye Centers
・Upper Deck


という具合に分かれたようです。


【関連商品】
iconicon
ナイキ サスクワッチSUMO スクエアハイブリッドアイアン (6本セット)icon

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com