これがタイガーパワー!?自身の大会視聴率が昨年の3倍に!

昨年は自身の大会「AT&Tナショナル」に出場できなかったタイガー・ウッズ。先週行われた第3回大会を優勝し、まだまだゴルフ界のトップに君臨し続けることを見せ付けました。


そして、見ている方もやはりタイガーの魅力に惹きつけられていたようです。


tiger0708.jpg
photo: zimbio.com
(イラクで負傷した元軍人とハイタッチするタイガー・ウッズ


「AT&Tナショナル」最終日となった7月5日(日)の中継をしていたCBSによると、平均視聴率が4.6%、シェア(テレビのある世帯数のうち、テレビをつけていた割合)が11%だったと発表した。タイガーが不在だった昨年の大会の平均視聴率は1.5%、シェアは3%でタイガーの出場、そして優勝争いに加わっている試合展開が高視聴率に繋がったようです。


CBSのゴルフ中継でメジャー以外の大会視聴率を見ると、2008年1月のビュイック・インビテーショナル以来の高数字だったとか。この時も優勝は・・・タイガー!


一見、PGAツアー(ゴルフ界全体?)が「タイガー頼み」状態に見えなくはないですが、これもタイガー・ウッズというアスリートの影響力を如実に現しているのではないでしょうか。マイケル・ジョーダンらと並び「今世紀最高のアスリート」と言われるのはこういったところもあるのでしょう。


それにしても昨年の3倍って...。きっといろんな要素もあり見方によって変わりますが、タイガーはゴルフファン層を3倍に広める力を持っているとも言えるのではないでしょうか。大会最終日の入場人員は40,000人を越えていたそうです。40,000人って!!


石川遼の吸引力も凄まじいですが、タイガーのパワーにはまだまだ及ばないようですね。恐るべし!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com