タイガー・ウッズ&エリン、史上最高660億円で和解近い!?[The Sun紙]

サッカーワールドカップでの誤審&敗退、そして密かに開催されているウィンブルドン...イギリスのタブロイド「The Sun」紙は大賑わいです。それに加えて、先日、タイガー・ウッズとエリン・ノルデグレン氏の離婚が近いことを報じています。


離婚の和解金は、なんと、5億ポンド。約660億円也!


The Sun紙によると、タイガーとエリンは離婚条件の詰めの段階に入っているとのこと。早ければ1週間以内にエリンはオーランド郡裁判所に離婚届を提出するところまで話は進んでいるそうです。


その多額な和解金が話題になっているようですが、それもそのはず。これまで最も多額な離婚和解金を払ったセレブはマイケル・ジョーダンの1億ドルと言われていて、今回タイガーが払うとされている額はその7倍以上。


今回報じられた離婚条件を整理しておくと・・・


======================================
●タイガーは和解金として7.5億から8.33億ドル(約660~733億円)を支払う。エリンが当初想定していた和解金の約倍の額。タイガーの資産が10億ドル以上あるとエリン氏の弁護チームが算出。その代わりにエリンはタイガーの過去に関して一生公にしない(暴露本、テレビ出演等)。これは仮にタイガーが先に他界しても守らなければならないとのこと。


●子供(3歳サム、1歳チャーリー)の親権に関して、「身上監護」はエリン氏に受け渡される。ただし、「法的監護」は二人に同等に与えられる。子供たちを物理的に監護するのはエリン氏だが、子供の将来などに関しては二人で決める権利が与えられる。よって、エリン氏が強引に子供を連れて母国スウェーデンに戻ることはできない。


●タイガーは1週間のうち最大で半分の日数の間、子供たちとの面会を許される。


●タイガーは「独身」の女性を子供たちと面会させることはできない。タイガーと恋愛関係にない既婚者、またはエリン氏が面識のあるスタッフの女性であればOK。タイガーがそれら独身女性と結婚すれば子供たちと面会が許される。


●昨年11月にタイガーが交通事故を起こしたフロリダ州の自宅とその近郊の土地(約4億円相当)はエリン氏が所有者となる。また、彼女の自国スウェーデン、ストックホルムにあるマンション、そして孤島に建つ自宅もエリン氏のものとなる。


●現在、フロリダ州ジュピターアイランドに建設中のマンション(約65億円相当)およびロサンゼルスのマンション(約2.6億円相当)はタイガーが所有者となる。
======================================


これまでタイガーとエリン氏の離婚について多くの憶測が飛び交っていましたが、これで最終決着となるのでしょうか...。この金額を見てタイガーに「同情」する人は増えるのか?はたまた、訴訟大国アメリカでは「当然」と捉えられるのか?


どっちでもいいですが、子供たちが可愛そう。2人には親を選ぶ権利なんてないわけですし、まるでモノを扱うように取引条件にされているのを見て非常に悲しくなりました...。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com