タイガー・ウッズ&スポンサー:ジレット(Gillette)はイメージ使用を「制限」

週末新たな動きがありましたね。タイガー・ウッズが「無期限」で大会出場を自粛することを発表しました。これと同時にタイガーのスポンサーたちも動き出し始めました。


まずはプロクター&ギャンブル社傘下の髭剃りメーカー「ジレット(Gillette)」。


「タイガーが世間の目から離れている間、当社のマーケティングプログラムでの彼の役割を制限することで、プライバシーを守りたいという彼の要望に応えたい」


と発表しました。


【関連記事】
タイガー&ゲータレード
タイガー・ウッズ人気急降下
ケニー・ペリー「アメリカの大半がやっていること」
「エンゼル役」パーネビックの怒りのコメント
周囲の反応(via Twitter)
タイガーの謝罪文
タイガーの最初の声明文
タイガーの事故を通報した110番音声
第2の不倫相手現る
タイガーの交通事故


ゴルフダイジェスト・オンライン

30代以上の男性を主なターゲットとしている「髭剃り」という商品。ジレット社はタイガーを始め世界中のスーパーアスリートを「ジレット・チャンピオンズ」という括りで広告塔にしています。タイガーの友人でもあるロジャー・フェデラー(テニス)、ティエリ・アンリ(サッカー)、日本で流れているCMでは松坂大輔が使用されています。


広告活動を「制限」するとのことで、ジレット社のHPはどうなっているのかと思って調べてみたところ・・・


gillette_tiger1.JPG
via Gillette Champions(日本語)


こちら日本語のサイト。ジレット・チャンピオンズを代表する3名にまだタイガーがばっちり入ってる・・・。


gillette_tiger2.JPG


インタビューとかも見れるし・・・。これからなのか、またはウェブ上はこのままにしておくのか。


さらに、本家のアメリカのサイトも、


gillette_tiger3.JPG


まだ「制限」していないようです。このように改めてタイガーの広告を見ると、「清き」イメージを売りにしていたのが分かります。それとは逆に、先週タイガーが発表した公式コメントの


「良き夫、良き父親、そして良き人間になることに集中しなくてはならない」


という言葉に理想と現実のギャップを感じざるをえません。


それでは暫く見られないであろうタイガーのジレットCMを幾つか。




PR

Access Ranking

Golf-aholic.com